(イメージです。)
1:2017/03/30(木) 20:39:11.92 ID:
韓国と日本が自由貿易協定(FTA)を締結して世界の保護貿易主義を突破するべきだとする意見が出された。

韓国貿易協会と韓日経済協会は29日、ソウルで「第18回韓日新産業貿易会議」を開催してこのように明らかにした。

今回の会議では▼変化する世界の中の韓日協力▼新たな分野への挑戦、なお一層の韓日経済協力:第4次産業革命、人材育成--などを主題に発表と討論が行われた。

ソ・ソクスン韓日経済協会副会長は「韓日はともに少子高齢化社会、第4次産業革命にどのように対処していくかに対する社会的な悩みとあわせて、トランプ政府の保護貿易主義に対する円満な対処が必要だ」と明らかにした。

チョン・インギョ仁荷(インハ)大副総長は「世界経済が今後数年間で不確実性が最高潮に達し、競争的保護主義によって企業環境は一層悪化する」と見通し、「このような対外環境の変化にうまく対応するために、多国間交渉の進展に向けた北東アジアの協力強化、供給過剰産業の共同構造調整、韓日FTAの締結など、韓日経済協力を強化し、韓日両国間の経済通商懸案を積極的に解消していくべき」と述べた。

韓国貿易協会のアン・ジョンウォン副会長は「激変するグローバル環境で保護貿易主義に対応し、両国間の協力を強化していくための実質的な話し合いができた」と評価しつつ、「9月26-27日にソウルで開催される韓日経済人会議で共同声明を発表する」と明らかにした。

2017年03月30日11時04分 [ 中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/476/227476.html