1:2014/05/17(土) 02:30:00.80 ID:
(画像)
 8cd66dc3.jpg 

 (高雄 16日 中央社)

 台湾の観光関連業界が注目するトラベルフェア「2014高雄市旅行公会国際旅展」が16日、高雄展覧館で開幕した。
 これに出席した馬英九総統(=写真後列左3)は日本ブースに立ち寄り、熊本県の“営業部長”くまモンなどの歓迎を受けた。

 南台湾で最大規模とされるこのイベントは19日までで、日本や韓国、中国大陸など内外のリゾート関係者や旅行代理店など約380社700ブースが出展。毎年10数万人の来場者を惹きつけてきた。

 開幕式典で挨拶に立った馬総統は自分が就任した2008年時点では海外から高雄を訪れる観光客は延べ60万人足らずだったが、現在はすでにその5倍にあたる300万人を突破しており、非常に得難いことだと述べるとともに、訪台者数は全体でさらに800万人余りと就任前の2倍以上に上昇したとして、観光分野における台湾の成長を喜んだ。

 式典では日光江戸村の忍者ショーやくまモンなどによるパフォーマンスが行われ、会場を大いに盛り上げた。日本政府観光局のブースに足を運んだ馬総統は台湾でも高い人気を誇るくまモンや忍者らとの記念撮影を行い、日本の文化を楽しんだ。

(程啓峰/編集:荘麗玲)

フォーカス台湾 2014/05/16 18:45
http://japan.cna.com.tw/news/atra/201405160007.aspx