1:2014/05/17(土)12:33:24 ID:
■キムチマリパプ@ソウル

韓国の夏は暑く、日差しも強い。その季節が近づいてくると、一気に人気が上がるのが、キムチマリパプだ。「キムチ」と「パプ(ごはん)」を混ぜて食べるという意味だが、夏に人気があるのはひんやり、さっぱりとしたその味わいからだ。

つくり方は複雑ではない。キムチを細く切って水を足し、かけ汁をつくる。器に冷やごはんをもり、その上にドバッと氷を乗せる。砂糖を少しだけ入れ、上からかけ汁を注ぐ。ゴマとゴマ油をかけ、刻んだキュウリをトッピングすればできあがりだ。

キムチマリパプの完成品。暑い夏場にはもってこいの食べ物だ
64164ef3.jpg 
キムチマリパプの材料にするキムチ。普通のキムチとは少し味付けが違う
b6432f7c.jpg 
特製キムチと水を混ぜてつくったかけ汁。これを冷やごはんにかける
8d482c71.jpg 
冷やご飯のうえに氷をドサッと乗せ、その上からかけ汁を
97250ceb.jpg 
さじですくうと、ご飯とさっぱりしたキムチがほどよくからんでいる
65b1f24f.jpg 
ソウルの飲食店「イブク ソンマンドゥ」を切り盛りする朴恵淑さん
753ac206.jpg 
イカソース
http://www.asahi.com/articles/ASG5D7KZJG5DUHBI048.html
朴恵淑さんの店「イブク ソンマンドゥ」は、昔ながらの韓国式の屋敷。ビルの谷間にぽつんと残る=いずれもソウル、貝瀬秋彦撮影
fde158a2.jpg 
関連
【毎日新聞】 「冷麺は朝鮮半島発祥の食べ物です」、だんだん暑くなるこれからの季節にピッタリ♪そろそろ「冷麺」解禁しませんか? [05/12]
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1399881499/