(イメージです。)
1:2017/03/21(火) 12:18:44.11 ID:
【時視各角】あきれる韓国外交
2017年03月21日07時58分
[中央日報/中央日報日本語版]

先週、飛行機から階段のタラップではなく金色のエスカレーターに乗って降りてくる人を初めて見た。主人公はサウジアラビアのサルマン・ビン・アブドゥルアジズ国王(82)。サルマン国王が1カ月間にわたりマレーシア・インドネシア・モルディブ・ブルネイ・日本・中国などアジア6カ国を訪問するたびにサウジアラビアから空輸してきた移動式のエスカレーターが登場した。それだけではない。サルマン国王のベンツ特殊防弾車両は1台15億ウォン(約1億5000万円)。トランプ米大統領が乗る車より30%ほど高い。ここに随行した皇太子は25人、訪問団は1500人。インドネシア大統領宮での夕食会では車750台の行列が4キロも続いたという。

サウジ国王はほとんど海外に出て行かない。日本は46年、中国は11年ぶりだ。しかし一度出て行けば大金をばらまく。マレーシアでは8兆ウォン、インドネシアでは17兆ウォンの投資の約束をした。中国はなんと28兆ウォンだ。日本では世界最大の企業公開(IPO)となる石油企業アラムコの東京証券取引所上場を約束した。アラムコの企業価値は最大2兆ドル(約226兆円)。これが実現すれば日本には非常に大きな利益となる。

ところがここから韓国は抜けた。韓国は世界でサウジ産原油を4番目に多く輸入する国だ。いわばアジア最大顧客の一つだ。しかしサルマン国王は背を向けた。理由は簡単だ。政治的な不安定。行っても効果がないということだ。我々は藁をもつかむように国王を随行した閣僚10人の一人、ファキーフ経済企画相を日本訪問前に韓国に呼んだ。彼の一言で柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相との会談もセッティングされた。しかし柳副首相が「サウジのメトロ事業に韓国が参加できるようにしてほしい」と述べると、ファキーフ経済企画相は「それを望むなら我々のサウジ国富ファンドに入るべき」と反論したという。投資を誘致するどころか、代わりに来た一人の閣僚から助言を受ける立場になった。

韓国を飛び越えて通過する「コリアパッシング(passing)」。知り合いの整形外科院長の中東訪問を支援し、受注実績を膨らませ、実益は得られず、米中外交に偏りすぎた総合的応報だ。

対米外交の実態はさらに見苦しい。先週ティラーソン米国務長官が韓国を離れながらしたインタビューで「我々は彼ら(韓国)から夕食会への招待を受けなかった。彼ら(韓国政府)は最後になって(夕食会をしなければ)大衆的に見て自分たちに良くないと悟った。それで私が疲れて夕食会に応じなかった公表した」という反論は最高レベルの不快感の表示といえる。盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領時代さえ韓国政府内でのあらゆる反米発言にも公開的な席では口を堅く閉じた米国だ。韓国外交部は「コミュニケーションに混乱があったようだ。今後、説明があるだろう」と退いたが、取り返しはつかない。全世界にそのように刻印された。実務協議の過程での米国側のミスがあったのかもしれない。しかし誰のミスかに関係なくティラーソン長官がこうした異例の発言をしたということ自体が右往左往の韓米関係、緩んだ韓米疎通、格下げされた韓米同盟の現状を表している。これが「コリアパッシング」でなければ何か。怒ったティラーソン長官に陳謝でもするかのように尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官はわずか会談4日後の21日、我々には特に急ぎでもない米国務省主催の「反イスラム国(IS)外相会議」に出席するためワシントンへ行く。頻繁に会うということまで非難できないが、すっきりしない。

さらに懸念される問題は今回輪郭が表れたトランプ政権の超強硬対北朝鮮政策と正反対の主張をしている韓国の野党大統領候補とのかい離だ。トランプ政権は「制裁と圧力」という従来の対北朝鮮政策に「掛け算」をしようとするが、韓国の大統領候補らは「引き算」、いや「割り算」を主張する。朝米間、米中間の衝突より韓米間の衝突が先に発生するしかない構造だ。その場合、「コリアパッシング」どころか、韓米同盟64年の最大の危機を迎えることもある。韓国大統領候補らはそのような覚悟ができているのか。

金玄基(キム・ヒョンギ)/ワシントン総局長

http://japanese.joins.com/article/084/227084.html?servcode=100&sectcode=120&cloc=jp|main|top_news