1:2017/03/20(月) 05:23:17.96 ID:
 3月11日、大阪市大正区のアゼリア大正ホールで、韓国の女性4人グループ「STELLAR」のファンミーティングが昼夜2回公演で行われた。

 STELLARは韓国ではセクシー系グループとして名を知られている。日本でも昨年夏以来、東京を3回訪れ公演活動を行っている。今回は西日本のファンのために大阪で初めてファンミーティングを開催した。

ファンと交流「すきやねん!」

 オープニングは、2016年1月にリリースされたMOTOTREE作曲の「STING」。続けて同年7月に発表されたBRAVE BROTHERS作曲の「CRY」をパフォーマンスすると会場からは大きな声援が飛んだ。

 MCのヒョナさんの通訳を介しながらファンとゲームをして交流するなど計8曲を披露した。

 韓国のグループが大阪に来ると恒例だが、メンバー4人は「すきやねん!」を連発。「大阪と東京の違いは?」とヒョナさんに聞かれるとリーダーのガヨンは「大阪のほうがにぎやか。青の雰囲気がする」と“芸術的”なコメント。ミンヒは「大阪も街並みが素晴らしい」と感想を述べた。

 「VIBRATO」などセクシーで動きの激しいナンバーでは、チョンユルの切れの良いダンスが光り、ヒョウンも安定したボーカルを披露した。

 アンコールでは、「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディング曲「恋」に合わせて「恋ダンス」をパフォーマンス。昼公演ではお得意の白の「彼シャツ」ではなく赤と黒のコスチュームだったが、観客を大いに魅了した(夜公演は白シャツコス)。

 最後はアルバム「CRY」から「LOVE SPELL」。CHICAGOの「SATURDAY IN THE PARK」を再解釈したような軽いジャズボーカル風の佳作を、ファン撮影に笑顔で応じながら歌って終了。退場の際は観客全員とハイタッチを行うなどサービス満点だった。

 STELLARは、MVや本国でのKPOP番組でのパフォーマンスから、セクシーな印象が独り歩きしているが、ファンとのやりとりや舞台上のMCとの会話はむしろ「清楚系」でさわやか。実際に生で見ると、メンバーも美人ぞろいで若々しい。ファンも公演に満足した様子だった。今後も日本での活動が注目される。

http://www.sankei.com/west/news/170320/wst1703200004-n1.html




STELLARのメンバー、ヒョウン=11日、大阪市のアゼリア大正ホールで
 


STELLARのメンバー、チョンユル=11日、大阪市のアゼリア大正ホールで
 



STELLARのメンバー、ガヨン=11日、大阪市のアゼリア大正ホールで
 


STELLARのメンバー、ミンヒ=11日、大阪市のアゼリア大正ホールで
 






爽やかでセクシーなパフォーマンスをみせたSTELLAR=11日、大阪市のアゼリア大正ホールで
 

STELLARのチョンユル(左)とガヨン=11日、大阪市のアゼリア大正ホールで
 

STELLARのメンバー、ミンヒ(左)とヒョウン=11日、大阪市のアゼリア大正ホールで