(イメージです。)
1:2017/03/17(金) 22:05:30.69 ID:
訪韓したハリウッド女優に記者が珍質問=韓国ネットは赤面「みっともないったらない」「米国人はアジア自体に興味ないのに」

2017年3月17日、韓国を訪れたハリウッドスター、スカーレット・ヨハンソンに韓国メディアの記者が投げ掛けた質問が、韓国で話題となっている。

日本の漫画「攻殻機動隊」を実写映画化した作品「ゴースト・イン・ザ・シェル」に出演するヨハンソンはこの日、映画の韓国公開を控えソウルで記者会見に臨んだ。彼女を「フェミニズムを叫ぶ代表的な俳優であり政治的な声も上げている俳優」とした韓国のテレビ・チャンネルAの記者が投げ掛けたのが、こんな質問だ。「米国もトランプ大統領のおかげで問題が多いと思うが、そうした意味で、韓国大統領が弾劾されたことについてご存じかどうか、またどのように思っていらっしゃるか気になる」。

これにヨハンソンは「私まで韓国の政治の話題に引き込むのはちょっと…」として苦笑いを浮かべた後、「韓国大統領の弾劾はニュースで見て知っている」とした上で、「私があえて韓国政界に関して申し上げるべきではないと思う」と答えた。ただ「米国の複雑な状況」においては「トランプ(大統領)に対しては言うべきことは多いが」とも付け加えた。

これを報じる記事に、韓国のネットユーザーからは
 
「愚問賢答(愚かな問いに賢い答え)」
「おかしな記者だ」
「この質問のレベルには本当にあきれる。みっともないったらないよ」
「記者は頼むから反省してくれ」
「こっちが恥ずかしくなる」など「愚問」
 
を糾弾する声が多数寄せられている。

また、
 
「米国人はアジア自体に興味がないと思っていい。なのに韓国、韓国って。韓国人の僕ですらうんざりだよ」
「海外の俳優に国内の政治のことをなぜ?理解できない」
「海外スターにキムチやプルコギ(韓国の焼き肉)、江南スタイルについて聞いた記者がいたけど、あれ以来で一番恥ずかしい質問だ」
「ドゥー・ユー・ノー・キムチ?の次はドゥー・ユー・ノー・ダンガイ?まで出てきたか」
「次の質問はTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備に賛成ですか?反対ですか?かな」
 
と具体的なポイントをつくコメントも。

さらに、映画俳優に対して政治的な話題を持ち出したことについて
 
「中国の記者がキム・ヨナにあり得ない質問をしていたのを思い出す」
 
という声もあった。
 
(翻訳・編集/吉金)

https://news.nifty.com/article/world/china/12181-172608/#article