(イメージです。)
1:2017/03/19(日) 11:03:53.64 ID:
【コラム】韓国大統領の「悲運」は朴槿恵で終わるのか

 韓国憲政史には11人の大統領が名を連ねている。このうち8人は悲運の大統領で、無事だったのは3人だけだが、その3人も平坦とはいえない末年を送った。初代の李承晩(イ・スンマン)は不正選挙を糾弾する4・19革命(1960年)で下野し、亡命先で世を去った。ユン・ボソンは内閣制の大統領で、5・16クーデター(1961年5月16日。朴正熙〈パク・チョンヒ〉陸軍少将〈当時〉らによる軍事クーデター)によって追われ、崔圭夏(チェ・ギュハ)は文字通り「臨時大統領」だった。朴正煕は長期政権の末、部下に撃たれて命を落とし、全斗煥(チョン・ドゥファン)と盧泰愚(ノ・テウ)は退任後、刑務所暮らしをすることになった。盧武鉉(ノ・ムヒョン)は退任後に自殺、そして朴槿恵(パク・クンへ)は、任期中に弾劾で罷免された。

 こうした歴史を、単に「悲運」で片付けることはできない。極めて不正常で、見方によっては、韓国の政治制度に病的な要因があるのではないかと感じさせる。どこか致命的なDNAが、韓国の権力構造に内在しているということだ。何が問題なのか。韓国の制度に問題があるのか。韓国の指導者、すなわち人に問題があるのか。さもなくば、韓国国民に問題があるのか。

 韓国人は、比較的短期間で民主制度を実現・定着させたと自負してきた。世界各国も、韓国は君主制と日本による植民地支配、そして戦争と分断を克服し、世界の優秀な民主国家へと急成長したと賞賛した。時には韓国人自身が「自分たちが選んだ大統領でも、政治を誤ったら引きずりおろして監獄に送る、そういう国民的な底力を持つ国」と自画自賛してきた。

金大中(キム・デジュン)顧問
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/17/2017031701505.html