1:2014/05/15(木)21:22:25 ID:
001ec94a25c514dec0cd08.jpg 

日本メディアの報道によると、日本の専門家は「離島奪還海戦」のシミュレーションを実施し、この攻防戦が空戦によって幕を開け、海と島で全面的に展開されると予想した。

日本の専門家は、中国は総合的な軍事力で間もなく「情勢を平定」し、日本は軍事力と補給の不足といった数多くの弱点により「全滅」すると指摘した。

001ec94a25c514dec0cd09.jpg

日本のシミュレーションは悲観的で、中日が全面的に開戦した場合、中国は数回の攻撃により日本を全面的に壊滅できるとした。中国軍は攻撃の第一波で、日本の釣魚島(日本名・尖閣諸島)方面の動向を把握すると、第一梯隊を投入する。この部隊は中国の各種軍機および無人機で、ターゲットに爆弾投下後に自殺的な二度目の攻撃を行う。

同時に約1000発の巡航ミサイルを複数のミサイル基地から発射し、日本のミサイル防衛システムのレーダー基地、イージス艦、情報指揮システムを攻撃する。この攻撃により、中国軍は日本の大半のミサイル防
衛設備を破壊できる。

001ec94a25c514dec0fe10.jpg 

中国軍は攻撃の第二波に、Su-30、Su-27、J-15、J-10による第二梯隊を派遣し、日本の軍機を探し、これを撃墜することで制空権を掌握する。これに続き、自殺攻撃をする無人機を出動させ、700発余りの巡航ミサイルを撃ち、日本に残された対空作戦能力と空港を攻撃する。それから日本の既存の軍事力の規模を判断し、需要に基づき次の攻撃を仕掛ける。

第三波では、H-6、Su-30、J-10により日本の補給線を絶ち、陸と空から発射されるCJ-10巡航ミサイルにより、日本の海上のターゲットを攻撃する。それから、S-400対空ミサイルによって上空の日本の軍機を撃墜する。海軍はターゲットの捜索を続け、日本の潜水艦の全滅を目指し、制空権と制海権を一挙掌握する。

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2014-05/15/content_32397278.htm
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2014-05/15/content_32397278_2.htm