(イメージです。)
1:2017/03/18(土) 16:18:20.07 ID:
 韓国最大の企業集団、サムスングループの中核会社サムスン電子の株価が17日、前日比1・34%上昇し212万ウォン(約21万2千円)をつけ、最高値を更新した。最高値更新は5日連続。

 グループの経営トップが朴槿恵前大統領側への贈賄罪などで起訴され「経営の空白」が懸念されたが、市場の反応は正反対。経営者一族を中心とした支配構造の改革への期待が要因との見方が出ている。

 サムスン電子株の上昇とともにソウルの総合株価指数(KOSPI)も17日、前日比0・67%上昇し最高値に近づいた。韓国は輸出や雇用の不振が続くが、朴氏の大統領弾劾の影響は株式市場にほとんど及んでいない。

 サムスンを巡っては、スマートフォン「ギャラクシーノート7」の欠陥が発覚するなど株価の悪材料が多かった。足元の株高はスマホの次期製品に加え、経営刷新への期待もある。韓国紙は「サムスン電子の最大のリスクは李副会長だったのでは」との市場関係者の声を伝えた。
 
(共同)

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20170318/ecn1703181530004-n1.htm