軍事 戦闘機 

1
:2014/05/15(木) 23:55:11.54 ID:
(ハングルの原文を機械翻訳して記者が)

・アンカー  
不良施工の問題、今度は空軍基地の滑走路です。 空軍基地の滑走路であれば、軍用飛行機が離着陸するまさに中核施設でありますが、問題が深刻化しても、非常に深刻ではありません(翻訳不能)。
不良の程度がひどく飛行が全面中断されたほどです。
単独報道、グ・ギョングン記者が取材しました。

・レポート 
慶北醴泉の空軍戦闘飛行団の基地。 普段なら一日中、空軍機が頻繁に出撃するところだが、今では飛行機が一台も見えません。 去る12日からの飛行が全面中断されたことです。 国防省施設本部は、過去1年間で20億ウォンをかけて、パッケージの改良工事をした滑走路と誘導路全域で欠陥が発見されたからです。

滑走路500メートルの区間で浮きやクラック現象が発生し、滑走路につながる誘導でも同様の問題が発見されました。滑走路に亀裂が生じた場合、戦闘機などが離着陸する際にタイヤが破損する可能性があり、操縦の方向がずれてやや大型の衝突事故が発生する可能性があります。 戦闘機のパイロットの養成を担当したTA-50戦闘飛行大隊は公共の教育の両方を停止させ、現在は地上での教育が行われています。

・国防部関係者 
「安全上の問題じゃないか。既存のなかったものなくし(滑走路を)再インストールした後に飛ぶ必要がありますね、その期間が必要でしょう。 「 国防部関係者は、欠陥が発見されていない区間を利用して緊急出撃が可能となり、有事の際戦力の空白はないものとしながら、問題になった滑走路は全面再施工する計画だと明らかにした。

MBCニュース グ・ギョングンです。

MBCニュース 2014-05-15 18:54
http://imnews.imbc.com/replay/2014/nwdesk/article/3463510_13490.html
(リンク先に動画があります)