1:2017/03/17(金) 05:50:18.73 ID:
 韓国政府は、南部の観光開発を加速させる。半島南部の沿岸に総延長438キロの観光道路を整備するほか、閉鎖中の学校や造船所などを観光施設として再開発する。およそ1300ある小島も開発を進め、外国人旅行者を幅広く呼び込むとしている。現地英字紙コリア・タイムズなどが報じた。

 2016年は同国を訪れた外国人旅行者が史上初めて年間1700万人を突破したが、政府は滞在期間が短い点や人気観光地が限られていることを問題視した。

 韓国銀行(中央銀行)の統計では、韓国人旅行者が国外で使った金額から外国人旅行者が韓国国内で使った金額を差し引いた観光収支が9兆4000億ウォン(約9419億円)の赤字となっており、収支改善のためにも一層の観光振興が必要との考えだ。

 現地の中央日報によると、黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行兼首相は、国内では消費の伸び悩みに加えて企業再編が進行中だとしたうえで「南部で企業再編により打撃を受けるとみられる地域は、自然環境が優れていることで有名だ」と指摘。こうした地域で多様な観光旅行需要を喚起すれば、「エーゲ海のように世界に知られる観光名所とすることも可能だ」との認識を示した。

 具体的には、自然の景観の中を走る観光道路を目玉の一つとして整備するほか、現在は巨済や麗水、統営など数カ所に限定されている旅行先の多様化を図るため、高興、安養、山川など8カ所の観光開発を促進する。

 また、韓国土地住宅公社や地方自治体、民間の投資家などによる造船所や学校といった閉鎖施設の購入と観光開発を認め、観光インフラの充実も図る。運輸省幹部は「閉鎖造船所の土地は広大だ」と述べ、すでに同公社が購入に向けて動いていることを示唆した。

 韓国は、政治の不安定化が国内消費や投資の停滞につながる恐れがあるとされる。このため、政府は経済活性化に注力しており、観光振興策はその一環とみられている。(ソウル支局)

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170317/mcb1703170500005-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170317/mcb1703170500005-n2.htm


首都ソウルで記念写真におさまる旅行者たち。韓国は昨年、外国人旅行者数が1700万人を超えた(ブルームバーグ)