1:2017/03/15(水) 23:26:09.88 ID:
 米海軍の原子力空母カール・ビンソンが15日、米韓両軍が4月下旬までの予定で韓国と周辺海域で実施している定例の合同野外機動訓練「フォールイーグル」に合わせ、韓国南部釜山に入港した。

 朴槿恵大統領失職で韓国国政が揺らぐ中、米韓同盟の堅固さを強調し、北朝鮮の核開発や弾道ミサイル発射の動きをけん制する。

 カール・ビンソンを中心とする空母打撃群が訓練に参加。米韓は13~24日の日程で、朝鮮半島有事の際の米軍の増援や指揮態勢を点検する毎年恒例の合同軍事演習「キー・リゾルブ」も実施している。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、カール・ビンソンなどの参加に反発、「われわれの自主権と尊厳を少しでも傷つけるなら、わが軍の超精密攻撃が無慈悲に加えられるだろう」と威嚇した。

 米韓は、17日にソウルで米韓外相会談を行い、対北朝鮮での連携を確認する予定。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/170315/wor1703150012-n1.html



韓国・釜山に入港する米海軍の原子力空母カール・ビンソン=15日(共同)
 

米海軍の原子力空母カール・ビンソンの甲板に並ぶ艦載機=15日、韓国・釜山(共同)
 
=管理人補足=
google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 

この動画ニュースはPosted : 2017-03-16 07:51です。
 
キム・クァンジン - マクマスター初会合...北朝鮮の核対応・サド協議/ YTN(Yes!Top News)
2017/03/15に公開
 
[アンカー]
韓米両国の安全保障の司令塔がワシントンで会った。
北朝鮮の挑発脅威が高まっている中、高高度ミサイル防衛システム、サード配置をはじめとする北朝鮮の核対応の問題を集中的に協議しました。
ワシントンでキムヒジュン特派員です。

[記者]
キム・クァンジン青瓦台国家安保室長と最近赴任したハーバートマクマスター国家安全保障補佐官がワシントンで初めて会合しました。
 
去る1日の電話通話で、北朝鮮の核とミサイル挑発に強力に対応することにした後、2週間だけです。

最近二度弾道ミサイルを発射した北朝鮮が、韓米連合訓練などを理由に追加挑発の兆候を見せている状況。
両国の安全保障首長は、このような北朝鮮の挑発に対応した協力案を緊密に協議しました。

[キム・クァンジン/青瓦台国家安保室長:
現在の朝鮮半島の安保状況を再点検して、いくつかの安全保障懸案の協議と協力体制を整えることが必要だと思うので(訪米しました。)]

中国が反発している高高度ミサイル防衛システムサドの支障のない配置を再確認しました。

[キム・クァンジン/青瓦台国家安保室長:
サドは手順どおりに計画通りに進行中です。同盟間の協力して、中国の反発にも対応になります。]

韓米両国はトランプ政府発足後、国防長官会合と合同参謀議長間の通話も継続して、北朝鮮の挑発に対して確固たる対応意志を誇示してきました。

韓米と韓米日が緊密な北朝鮮の核対応協力を進めている中で、今後の米中外相会談と首脳会談で出てくるの対北メッセージに関心が集められています。

ワシントンでYTNキムヒジュンです。
 

この動画ニュースはPosted : 2017-03-15 14:27です。
 
カールビンソン原子力空母釜山入港「北の脅威抑制に来た」/ YTN(Yes!Top News)
2017/03/15に公開
 
米国の核推進空母カルビンスンハムが今日の午前、釜山海軍作戦基地に入港しました。

ジェームズキルビー第1空母強襲団長は入港の背後に開かれた記者会見で、カルバンスンハムが北朝鮮の脅威を抑制するために韓国に来たと強調しました。

カルビンスンハムを中心とする空母強襲団は20日、再出発して、韓半島周辺海域で韓国海軍と様々な連合訓練を行う予定です。

1980年代初めに就役したカルビンスンハムは原子炉2基を動力として活用して、スーパーホーネットなど艦載機70台を運用する海上の軍事基地と呼ばれます。

ガンジョンギュ[live@ytn.co.kr]