(イメージです。)
1:2017/03/13(月) 05:19:17.14 ID:
 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件で、日本政府が、2001年に正男氏を成田空港で拘束した際に採取した指紋などをマレーシア側に提供していたことが12日、分かった。複数の関係者が明らかにした。事件は13日で発生から1カ月。日本の具体的な協力が明らかになったのは初めて。

 マレーシア警察は10日、男性が正男氏だったと最終確認したと発表。関係者は家族のDNAを「特別な方法」で入手したとし、これが決め手になったもようだが、確認作業には日本の情報も活用されたとみられる。

 日本政府は正男氏の指紋や顔写真など身体特徴のデータを提供した。故金正日総書記の長男である正男氏は偽造旅券で何度も来日し、そのたびに公安当局は秘密裏に尾行。01年5月にシンガポールから成田空港に到着した際、入管当局が拘束、強制退去処分にする前に指紋を採取した。

http://www.sanspo.com/geino/news/20170313/tro17031305010001-n1.html