1:2014/05/14(水) 19:13:13.93 ID:
(画像)
 bcc11b5b.jpg 

 2014年5月12日、全米で放送されることになった日本アニメ「ドラえもん」に、中国ネットユーザーも注目している。

 ウォルト・ディズニーの子ども向けチャンネルで放送されることが決まった「米国版ドラえもん」では、ドラえもんの好物がどら焼きからピザに変更されたり、食卓の食事が洋風に変更されたり、箸がフォークに、石焼きイモの屋台がポップコーン販売のトラックに変更されるなど、かなりローカライズされているという。
 また、看板などに書かれている言葉も日本語から英語に変更となる。このニュースに、中国のネットユーザーは以下のようなコメントを残している。

「ピザって…」
「ちょっと変だろ」
「フォークでどんぶり飯食べるの?」
「どうして内容まで西洋風に変えるんだよ」

「日本文化を拒否してるのか?」
「日本アニメの影響力はすごいからな。そこを懸念したのかも」
「なんて言うかな。ドラえもんを放送する理由の一つに、“日本の生活を理解すること”はなかったのかな?こんなに変えちゃって、意味があるの?」

「日本アニメは日本アニメ。なぜローカライズする?」
「変える必要はないと思う。米国は相変わらずだな」
「やはり元のままの方がいい。米国版は胃もたれしそう」
「もし中国で放送されるドラえもんが、ギョーザや老婆餅を食べていたら文句が出ると思う」

「しずかちゃんの入浴シーンも変わるの?」
「風景は日本なのに、文字だけ英語にしたら余計変なんじゃない?」

「耐えられない。子どものころの思い出が壊れる」
「こういうやり方は中国特有かと思ったら、そうでもなさそうだ」
「お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの」

(翻訳・編集/北田)

レコードチャイナ 2014年5月13日 17時58分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=87984&type=