1:2017/03/12(日) 10:23:57.97 ID:
釜山(プサン)の青年たちが、日本政府が移転を要求する日本領事館前の少女像を守る壁画を描く事にした。

『釜山青年キョレハナ平和の壁(以下、平和の壁)』は12日、4月1日に日本領事館の少女像の周辺で壁画を描く予定だと明らかにした。

(資料写真)


平和の壁は、最近日本政府はもちろん外交部まで少女像の移転を要求すると、少女像を守る
ために壁画を描く事にした。

平和の壁は、外国の公館である日本領事館の壁には絵を描く事が出来ないため、少女像により近い壁を探している。

これらは慰安婦ハルモニとハルモニを象徴する蝶、少女像などを素材に壁画を描く予定である。

平和の壁はこれに先立ち、釜山鎮区(プサンジング)田浦洞(チョンポドン)と凡田2洞(ポムジョン2ドン)で慰安婦ハルモニをテーマにした壁画を描いている。

平和の壁は今月31日まで、壁画ボランティアを募集する。

参加申請は『 http://bit.ly/2leUNGO 』まで。

ソース:NAVER/釜山=聯合ニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=001&aid=0009100711