牛乳 milk 

1
:2014/05/14(水)21:04:10 ID:
紙のように薄い豆腐、水だけ注げば生マッコリになる粉末、生ガキをそのまま乾燥させた統営(トンヨン)クムグル水を注いで9秒で食べられる即席トックク…。

「味」ひとつに勝負をかけていた韓流食品市場が賢くなった。量の多さと韓国の味を強調する第1世代Kフードから1歩進んで、製品開発段階からグローバル市場を攻略する第2世代Kフードが登場した。

韓国最大の食品産業専門見本市である「ソウルフード2014」では海外進出を狙う賢い韓流食品が顔を表わした。13日から4日間にわたり韓国国際展示場(KINTEX)で開かれる見本市には40カ国から食品会社1400社が戦略商品を携えて参加する。

韓国の食品会社が出した第2世代Kフードのキーワードは「C・D・L」だ。
流通しやすくなるよう製品の形態を変え(Change)、原材料をそのまま乾燥させ(Dry)、炭水化物とナトリウムの含有量を低くした(Low)食品が公開された。

食品形態を変えた(Change)代表的事例は豆腐ペーパーだ。
中小食品会社のBKバイオは豆腐の主原料である大豆たんぱくを加工して紙状の薄い豆腐を作った。ぱりっとした紙のように薄く、豆腐特有のしっとりとした食感はないが、一般の豆腐より7倍多いたんぱく質が入っており、はるかに香ばしい。サラダに入れたり肉を包んで食べたりできる。体積と重さが大幅に減り賞味期限が伸びて海外輸出が可能になった。

農業会社法人のスミジインは水を注いで発酵させるとマッコリになる粉末マッコリを開発した。発酵していない状態で流通するので輸出に便利で、世界のどこでも水だけ注げば醸造したばかりの生マッコリの味を感じられ見本市で人気を呼んだ。

http://japanese.joins.com/article/287/185287.html?servcode=300§code=300
http://japanese.joins.com/article/288/185288.html?servcode=300§code=300