(イメージです。)
1:2017/03/11(土) 11:09:31.37 ID:
ポスコ会長「米が厚板にも反ダンピング関税課すならWTOに提訴」

 鉄鋼大手ポスコの権五俊(クォン・オジュン)会長は、今月末に予定されている米政府の韓国製厚板最終関税の決定によっては世界貿易機関(WTO)提訴も検討すると明らかにした。

 権五俊会長は10日の株主総会で再任が確定した後に記者懇談会を開き、「米商務省から昨年、輸出用熱延製品に対して60%台の反ダンピング関税を課せられたが、これは事実上、輸出するなということだ。11月の年次再審が残っている状態だが、もし厚板にも熱延のように60%前後の関税が課せられることになればWTOに提訴する」と述べた。

米商務省は昨年11月、ポスコの厚板製品に対して6.82%の反ダンピング予備関税賦課を決定した。同会長はさらに、「一日も早く米ワシントンに通商事務所を設立し、世界的なコンサルティング会社や法律事務所と協力して常時対応できるようにしたい」と語った。

 ポスコは同日、定時株主総会と取締役会を開き、権五俊会長を任期3年の代表取締役会長に決めた。また、チェ・ジョンウ副社長を代表取締役社長に昇格させ、金信培(キム・シンベ)元SKグループ副会長、チャン・スンファ・ソウル大学法学部教授、チョン・ムンギ成均館大学経営学部助教授を社外取締役に選任した。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000421-chosun-kr