(イメージです。)
1:2017/03/07(火) 13:44:00.18 ID:
米太平洋軍は6日、北朝鮮のミサイル攻撃から防御するための最終段階高高度地域防衛(THAAD)について、韓国への配備を開始したと発表した。
米政府は北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させていることを踏まえ、配備を急いでいた。

米韓は3月1日から韓国で米韓合同軍事演習を実施中で、電撃的な配備開始となった。
THAADのレーダーが、中国軍の監視に利用されかねないとして反対してきた中国が猛反発するのは必至だ。

米太平洋軍によると、最初の機材の搬入が始まったという。
韓国国防省関係者によると機材は在韓米軍・烏山空軍基地に到着し、別の在韓米軍基地に保管された。

慶尚北道キョンサンプクト星州ソンジュが配備予定地となっている。
聯合ニュースが韓国軍の話として伝えたところによると配備は1~2か月で完了し、早ければ4月にも運用を開始するという。
運用開始は当初、年内をめざすとされており、大幅な前倒しとなる見通しだ。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20170307-OYT1T50048.html?from=ytop_main1