1:2017/02/28(火) 12:15:03.40 ID:

▲大邱市民が3.1節東城路広場にたてる少女像デザイン試案。(c)市民推進委

大邱(テグ)'平和の少女像'2.28公園建設案も結局不発になり、少女像は予定通りに3.1節に東城路(トンソンノ)にたつ。

大邱平和の少女像建設汎市民推進委員会は27日、大邱市大邱中区庁と少女像建設のための民官3者交渉を行った。推進委が大邱デパート前の野外広場(東城路(トンソンノ))に少女像をたてるため、何か月もの間、中区庁と議論を行ってきたが、現行法上、道路である東城路に造形物をたてられないと中区庁が反発し、2.28記念中央公園に少女像を建設する代案を持って大邱市と交渉テーブルを持つようになった。

しかし、この席で大邱市が法と条例を理由に少女像設立許可手続きだけで3ケ月かかると言って交渉は決裂した。推進委が確定した3.1節に少女像をたてることができないからだ。結局、推進委は当初の予定通り来る3.1節午後4時、デパート前野外広場で除幕式を行い少女像をたてることにした。

このために推進委は大邱中部警察署に集会申請を出して3.1節当日午前から少女像設置作業に入る。しかし、中区庁は許可を得ずに推進委が設置を強行する場合、すぐに撤去すると予告した。

イ・ジョンチャン推進委局長は「慰安婦問題解決のためにたてる少女像はこれ以上先送りすることができない議題」として「3.1節当日、大邱など全国6カ所に少女像がたつ。官が許さなければ市民の意志でたてる」と明らかにした。

これについてクォン・ミョング大邱市公園緑地課緑地企画チーム長は「設立に反対するのではない。ただし許可手続きだけで最小3ケ月かかる。公園に造形物を設置するためには審議と公告を経なければならない」と話した。ユン・ホング大邱中区庁都市観光局長も「手続きを踏んで8.15光復節に設置する方案を提示したのに拒否した。これ以上の交渉は難しいようだ。許可なしに東城路に設置すれば直ちに撤去するだろう」とした。

一方、推進委は昨年6月から少女像建設事業のために市民の自発的募金運動を進行した。今年1月まで2,139人が7千万ウォン余りを後援し、現在、少女像製作は完了した状態だ。3.1節当日には大邱地域慰安婦被害者のイ・ヨンス、ハルモニをはじめとして各分野の人々が参加する中で除幕式を開く予定だ。

ソース:プレシアン(韓国語) 大邱(テグ)少女像、2.28公園建設不発…結局東城路(トンソンノ)に立つ
http://www.pressian.com/news/article.html?no=151742

関連スレ:【韓国】大邱に2体目の少女像設置へ 来月1日除幕式[02/24]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1487929333/