亀 ウミガメ 

1
:2014/05/12(月)20:22:19 ID:
フィリピンでは12日、「野生動物保護法」違反として南沙諸島海域で身柄を拘束された中国人11人に対する本格的な取り調べが始まる。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は同日、フィリピンを激しく非難する論説を発表した。執筆者は中国戦略文化促進会常務副会長の羅援氏。

羅氏はフィリピンの姿勢に「目覚めた」として「反撃」を主張し、「目には目を、歯には歯をだ」、「国際社会も理解すると思う」などと論じた。

羅氏は、領有権などを巡り争議がある島や海域につて「すべて中国のもの」を大前提に論を進めた。「中国の漁民が海亀を捕っていたことについての、信頼性について、まずは言わない」とした上で、「本当に海亀を捕っていたとしても、それは中国政府が管轄することだ。フィリピンがせいぜい持っているのは通報の権利だけ。漁民を捕まえる権利はない」、「中国の海域で人を捕まえるのか?」などと論じた。

羅氏は、フィリピンが南沙諸島の環礁のひとつであるセカンド・トーマス礁(中国語名は仁愛礁)を実効支配していることに議論を転じ、「わが国の領土だ。われわれには管轄権がある」と主張。

羅氏は「ただちに(セカンド・トーマス礁を)離れよ。さもなくば、われわれはさまざまな手段を用いて“退場”させ“引き抜く”ぞ。後になって『予告もなかった』などと言うなかれ、だ」などと主張。

中国政府は領土問題について「当事者間の交渉で平和的に解決する」方針を主張しつづけているが、羅氏は「外交闘争では、“道理がある、利益がある、節度がある”という三原則が必要としても、(セカンド・トーマス礁から)退場させることは、この三原則に合致している。法律的な根拠もあり、国益にも合致している。節制もしている」として「国際社会も理解すると思う」と主張した。

「われわれは最大限の自制と忍耐をしてきた」と主張した上で、「フィリピンはわれわれの島と岩礁8カ所を占拠している上に、今度はわれわれの漁民を捕まえた」と怒りを示し、「われわれがいつ反撃するか、どこで反撃するか、どのような反撃をするかは、完全にわれわれが決めることだ。フィリピンは挑発の代償を支払うことになるのを、待っていろ!」と論じた。

羅氏は改めて、フィリピンは「中国が『さらに1歩進んだ措置をとる』ことについての想像力が欠如している」と批判。「ならば、私は目覚めた。米国やロシアが同種の状況に遭遇した場合に、どのような措置をとるか比較するのだ」と論じた。

羅氏は「さらに1歩進んだ措置」について、「本来われわれ自身のものだったものを、取り戻すのだ。それだけのことだ。決してやりすぎとは思えない」と主張した。

http://news.searchina.net/id/1532031