(イメージです。)
1:2017/02/26(日) 11:05:43.19 ID:
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/24/2017022401411.html

 「トイレに行きたいんだけど見当たらないね。あそこの車の後ろで用を足そう」

 土曜日だった2月11日午前3時30分、ソウル地下鉄2号線の江南駅10番出口付近の繁華街に位置したDビルの駐車場を訪れた。周囲の遊興施設から出てきた20代の男性二人がトイレを探して辺りを見回し、ビルの後ろの駐車場に向かった。静かな場所で路上放尿した二人は「ここは小便の臭いがひどい」と言いながら、その場を後にした。この二人だけではなかった。同日午前2時30分からわずか1時間の間に17人もの人々が同駐車場で路上放尿したのだ。このビルの近くにある遊興施設の駐車場に勤務しているクォン・ヨンドゥさん(39)は「一晩に数十人もの人々が路上放尿するせいで、駐車場がすぐ漢江になってしまう。言葉で注意すると、酒に酔った人々が首をつかんでくるため、拡声器を買ってわざと恥をかかせようかと考え中」と話す。

 歌手PSY(サイ)の「江南スタイル」で観光名所となった江南大路が毎晩「路上放尿」で悩まされている。本紙の記者が今月10日夜11時から翌日午前4時まで飲み屋と遊興施設の密集している江南大路の一帯を調べた結果、駐車場や路地で路上放尿をしている人は数十人に上った。ここでフードトラック(小型トラックを使った軽食店)を運営しているカン・ナムジャさん(64)は「商売の最中に変な感じがして後ろを振り向くと、トラックの後ろで男女問わず用を足していることが多い。声を上げても無駄」という。