53
(動画からです。)
1:2017/02/18(土) 18:36:33.28 ID:
2017年2月18日、中国メディアの環球網が、韓国メディアの報道を引用し、韓国海洋警察が違法操業の中国漁船に対して900発もの機銃を発射したと伝えた。

韓国海洋警察は16日、違法操業していた中国漁船に対する取り締まりを行い、機関銃を発射するなどして70隻の中国漁船を駆逐した。韓国メディアによれば、これは今年に入って初めて武器を使用した中国漁船取り締まりだという。

記事によると、16日午後9時5分頃、全羅南道(チョルラナムド)木浦(モッポ)市の日向礁(韓国名:可居礁)の西南74キロメートルのところで、韓国海洋警察が違法操業していた30隻ほどの中国漁船に対して検問を行い、そのうち1隻を拿捕(だほ)したところ、近くにいた40隻ほどの中国漁船が集まって海洋警察警備艦に対して迫ってきたという。

警備艦は中国漁船に対して何度も警告放送した後、午後11時15分頃、日向礁の西南56キロメートルで機関銃を発射、合わせて900発を発射した。発砲後、中国漁船は現場を離れたという。韓国側は中国海警に対し、中国漁船の暴力的な抵抗について相応の措置を取るよう求めた。

このニュースに対して、中国のネットユーザーからは、
 
「韓国の領海内でのことなら当然の報いだろ」
「違法操業をして、何度も警告しているのに聞かないのだから、発砲されても相手を責めることはできない」
 
など、韓国側の対応に理解を示すコメントが多く寄せられた。


(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=164289&ph=0
 
=管理人補足=

google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
「激しく抵抗」中の漁船、実弾900発を撃ち検挙/ YTN(Yes!Top News)
2017/02/17に公開
 
[アンカー]
海上警察がなんと実弾900発を撃って違法操業取り締まりを妨害する中国漁船を追い出しました。
昨年の共用化器の使用方針を明らかにした後、最多射撃です。
イスンベ記者です。

[記者]
韓国の排他的経済水域での許可なしに肉を獲っていた中国漁船が取り締まり班を見てみよう急いで逃げます。

[高速断定取締局:鉄の棒、鉄の棒、鉄の棒に見えます。]

速度を与えるというコマンドも気にしません。
合同取り締まり班が100t建て中国漁船を拿捕しよう抵抗はより激しされました。
周辺にいた中国漁船70隻が取り締まり船を取り囲んで今にもぶつかるように前を遮っ祈ります。
このような脅威が1時間ほど続いた、耐えかねた海洋警察が銃を発射しました。

[海洋警察の警備艦:照準完了、撮影を開始!]

30分ほど9百発を撃った後になって、中国漁船を私たちの海で追い出すことができました。
拿捕された中国漁船は木浦港に圧送され、調査を受けています。

ご覧のように取り締まり要員が倍に乗ることができなく鉄条網と鉄の棒を設置して、操舵室鉄門は外開かないように完全に溶接をしまいました。

ついにガラスびんまで投げラフ抵抗しました。

【ハムジョンチョン/西海の漁業管理団ムグンファ23号の乗組員:
気象条件も良くなかった風もたくさん吹いまた(中国)船員が缶やビール瓶を投げたため、かなりアクセスする大変でした。]

合同取り締まり班は、船長など11人を捕まえ、無許可操業の経緯などを調査しており、法に基づいて強力に処罰すると明らかにした。

[違法操業の中国漁船の船長:
中国水域は、肉が氏が痩せました。大韓民国の海は魚が多いから冒険を冒してきました。]

また、取り締まり班を脅かして逃げた中国漁船の証拠資料を中国に送って強く抗議し、再発防止を促す予定です。

YTNイスンベ[sbi@ytn.co.kr]です。