1:2017/02/18(土) 14:15:44.82 ID:
4万337台“輸入” Vs 337台“輸出”…日本で韓国車はだめか?
(イーデイリー 韓国語 2017/02/09)

過去から自動車、家電、ビールは日本に輸出してはいけない三品目として挙げられてきた。これらは『日本産1等主義』が日本国民の認識に強く打ち込まれている製品群である。実際、韓国の対日本自動車輸出は数年間足踏みをしながら命脈が断たれる危機に置かれている。一方、日本産自動車の国内輸入販売は着実に増加している。

〈国内完成車の日本輸出推移(単位・台)〉

(資料=韓国自動車産業協会)

9日、韓国自動車産業協会(KAMA)によれば、対日本自動車輸出量が5年間、200~400台水準で動いている。2013年に462台であった対日本自動車輸出量は、2014年は321台、2015年は273台に減少し、昨年は371台(乗用車200台、バス171台)を記録した。昨年の販売量が前年と比較して小幅増にとどまった。371台の輸出量はアフリカのアンゴラ(355台)と同様でパプアニューギニア(427台)より低い水準である。

◇ヒュンダイ自動車筆頭に日本進出、事実上‘失敗’…独・米も苦戦

ヒュンダイ(現代)自動車は2000年、満を持して日本に販売法人を設立し、ソナタを筆頭に乗用車市場に進出したが、10年後の2009年、商用車営業所だけを残して撤収した。

ルノーサムスンは、釜山工場で生産したQM5(現地名コレオス)を去る2008年から輸出し、2009年に229台の販売高を記録したが、その後徐々に減って、去る2015年からは完全に中止した。

韓国GMも、去る2011年からシボレーの小型車アベオ(ソニック)と中型SUVキャプティバを輸出しているが、2013年は325台、2014年は150台余り、2015年は170台余りにとどまった。

一方、日本企業の自動車の輸入は増加傾向にある。2013年は3万6,194で2014年は4万7,939台、2015年は4万1,518台、昨年は4万3,337台を記録した。

実際の販売量は、2013年は2万2,042台、2014年は2万4,093台、2015年は2万9,003台、2016年は3万5,429台と着実に増加している。特に昨年、内需市場でホンダとトヨタ、レクサスなど日本ブランドは皆善戦して販売量が増えた。レクサスは1万594台の販売高を上げ、1万台クラブに加入した。

日本自動車市場は年間500万台規模で世界で3番目に大きいが、トヨタとホンダ、日産、三菱などそうそうたる自国ブランドが多いうえ、自国ブランドを好む現象が濃く、輸入車の不毛の地と呼ばれてきた。日本市場内の輸入車市場占有率は6%台に過ぎない3万台水準である。(9.1% 約29万台。↓日経記事参照)

それさえも、ヨーロッパ産(5.4%)の高級車や日本企業が東南アジアで生産して逆輸入したのが多い。アメリカ産自動車も昨年基準、日本で1万台を少し越える販売にとどまり、ドナルド・トランプ大統領は最近、アメリカと日本間の自動車貿易不均衡に関して強く批判した。

http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?DCD=A601&newsid=02099206615828880
 
2:2017/02/18(土) 14:16:05.29 ID: