無題
(動画からです。)
1:2017/02/17(金) 12:33:44.65 ID:
韓国のソウル中央地裁は17日、経営破綻した海運大手、韓進海運に破産を宣告した。これにより、1977年に韓国初のコンテナ船運送会社として創業した同社は清算され、40年の歴史を終える。

ソース:ソウル=時事通信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021700602&g=int

【韓国】韓進海運、清算へ=再生手続き中止 17日に破産が宣告される[2/3]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1486119986/l50
 
=管理人補足=

excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-02-17 22:01です。
 
韓進海運、最終的に破産...海運業「風前の灯」/ YTN(Yes!Top News)
2017/02/17に公開
 
[アンカー]
一時国内1位、世界7位の海運船会社であった韓進(ハンジン)海運が設立40年で結局破産しました。
高い船舶使用料と低価格運賃競争、そして景気低迷の波を越えることができなかったものだが今後も越えなければならない山が多いです。
カン・ジンウォン記者の報道です。

[記者]
賃貸料を耐えられることができなくて2ヶ月余前汝矣島(ヨイド)で移ってきた韓進(ハンジン)海運事務室です。
千4百人を越えた職員は影も形もなくて、わずか50人余りだけ残りました。
ところでもう裁判所の破産宣告で会社看板まで最初からおりることになりました。

[キム・ジンハン/韓進(ハンジン)海運破産官財人(弁護士):
職員方々かなり残念です。 破産財団というものが会社がなくなる最後の段階の業務を遂行する方々なのに士気も落ちることで….]

国内海運業を導いた韓進(ハンジン)海運が設立40年ぶりに結局歴史の裏側道で消えました。
直ちに韓進(ハンジン)海運と取り引きした中小協力業者と金を貸した投資家は相当金額を取られる境遇に置かれました。
現在まで申告された債権額だけ30兆ウォンを越えるが、韓進(ハンジン)海運に残った資産は殆どないためです。

一瞬にして生活の基盤を失った職員やはり茫然自失した状態です。

協力業者まで含んで業界が推定する失業者は全国的に万人余り、地域経済も衝撃で避けて行けなかったです。

[公認仲介士/釜山市(プサンシ)、中央洞(チュンアンドン):
韓進(ハンジン)(海運)事態がさく烈する前から空室が少しあったが海運関連が少し陥っている方で全般的にそうです。]

現代商船とSM商船など生き残った企業等がぶつかる条件もたやすくいったりしません。

韓進(ハンジン)海運法廷管理事態で韓国業者に対する不信は大きくなったし、コンテナ輸送能力は半分水準で大きく落ちました。

規模を前面に出した海外大型船会社の運賃競争と景気低迷も相変わらずです。

政府は一歩遅れて何年内に100万 TEU水準で輸送能力を再び育てるために船舶確保支援など6兆5千億ウォン規模の海運業競争力強化方案を推進することにしました。

だが、韓進(ハンジン)海運事態の再発を防ぐためには世界物流市場を予測できる常時モニタリング システムを急いで構築しなければならないという指摘も出ています。

YTNカン・ジンウォン[jinwon@ytn.co.kr]です。