1:2014/05/12(月)16:58:19 ID:
「いよいよ夏本番!!」とまでは言えないけれども、暑い日が続いていますね。先日、冷やし中華を紹介しましたが、さらに注目したいのが「冷麺」。冷たいスープにツルッとのどごしの良い麺の組み合わせは最高です。ところで、冷麺にはいくつかの種類があることをご存知ですか?知っているものも知らなかったものも、是非ともお試しを!!
3cf538cc.jpg 
実は、冬の食べ物だった!?

冷麺は、朝鮮半島発祥の食べ物です。1849年に出版された『東国歳時記』には、「冬の時食としてそばの麺にダイコンのキムチ、ハクサイのキムチを入れ、その上に豚肉を合わせておくものを冷麺という」と記述があるとのこと。そう、かつて冷麺は冬の食べ物として認識されていたのです。

その理由には、麺の材料のそばと緑豆の収穫が秋、キムチも晩秋に漬け込まれるといったことが関係しています。また、朝鮮半島の冬の生活に欠かせない床下暖房・オンドルで温められた部屋が、汗ばむくらいにポカポカだったため、ひんやりと爽やかな冷麺が人気だったとか。季節の違いはありますが、暑い時に冷麺を食べるのは今も昔も変わらないようです。

「平壌冷麺」と「咸興冷麺」

朝鮮半島の冷麺には、大きく分けて「平壌冷麺(ムルレンミョン)」と「咸興冷麺(ピビンネンミョン)の2種があります。平壌冷麺は「水冷麺」とも呼ばれ、朝鮮の古い記録には「キムチ汁に麺を加え、大根、梨、柚子を薄切りにして乗せ、豚肉、鶏肉を並べ、胡椒と松の実を…」といった記述があります。水キムチの汁をスープとして用いる点に特徴があるようです。

平壌冷麺(ムルレ
ンミョン)=水冷麺
5ac5060d.jpg 
韓国冷麺 ムルネンミョン by あんじあんじ
夏のお昼や焼肉の〆に食べたい冷麺!水キムチの汁があると、お家でもおいしい冷麺が作れますよ☆

もう一方の咸興冷麺は、「混ぜ冷麺」とも呼ばれるものです。冷たい麺を材料にしますが、汁は用いず、お好みの具材と薬味(トウガラシみそ、醤油、ゴマ油、胡椒など)混ぜて食べます。特に人気があるのは、マダラやイイダコ、イカ、カレイなどの刺身を具材にする「フェネンミョン」だそう。残念ながらクックパッドにフェ(刺身)の冷麺はありませんでしたが、一度是非とも試してみたいですね。

咸興冷麺(ピビンネンミョン)=混ぜ冷麺
467df2e1.jpg 
ピピンネンニョン(韓国風汁なし冷麺) by アリスター
韓国人のお友達に教えてもらった、汁なし冷麺。夏にぴったりのメニューです。

以下ソース
http://mainichi.jp/life/cookpad/archive/2014/05/12/ckpd1353.html