10e8eacb.jpg 

1
:2014/05/12(月) 04:25:35.63 ID:
男子テニスツアーのマスターズ大会であるムチュア・マドリッド・オープン男子(スペイン/マドリッド、レッドクレー)は11日、シングルス決勝が行われ、第10シードの錦織圭(日本)は第1シードのR・ナダル(スペイン)に6-2, 4-6, 0-3と第3セット、第3ゲーム終了時点で錦織が棄権を申し入れ準優勝となった。

第1セット、錦織はナダル相手に思い通りのプレーをさせず、2度のブレークに成功し、最後はサービスエースを決め36分で第1セットを先取する。ナダルのサービスゲームで始まった第2セット、第1ゲームでこの試合3度目のブレークに成功し、またも序盤からリードに成功する。

第2ゲームではナダルが0-40と3度のブレークチャンスをつかむも錦織が粘り、サービスをキープする。

第3ゲームでナダルこの試合初めてのサービスエースをセンターに決め、最後は錦織の甘く入ったドロップショットを叩きサービスゲームをキープする。

第4ゲーム、錦織は40-0からスライスショットのネット、ダブルフォルトからデュースに持ち込まれるも2度目のデュースからサービスを決めこのゲームをキープする。

第7ゲーム終了後、錦織圭は腰のマッサージを要求しその後の試合に備えた。
両者サービスキープが続いた第8ゲーム、ナダルの2度のブレークチャンスを凌ぎデュースとなるが、最後は錦織のフォアがネットにかかりベースラインを割り、ブレークバックを許してしまう。

第9ゲーム、ナダルがラブゲームでサービスキープをした後、錦織はメディカルタイムアウトを要求した。

第8ゲーム以降、錦織の動きが鈍くなった。

第10ゲームで今までは入ったようなショットのアウトが目立ち、ナダルにブレークを許し第2セットを奪われてしまう。

第3セット、第1ゲームナダルはラブゲームでサービスゲームをキープ。その後、動く事が出来なくなってしまった錦織は第3ゲーム終了後、途中棄権を申し入れ試合終了となった。第2セットまでのプレーを見る限り可能性の見える試合だった。

http://news.tennis365.net/news/today/201405/100401.html