55
(動画からです。)
1:2017/02/15(水) 03:03:45.13 ID:
正男氏の息子も行方不明…金正恩委員長の異母姉ソルソン氏は監禁か
WoW!Korea 2/14(火) 23:03配信
 
殺害された金正男氏の息子も行方不明…金正恩委員長の異母姉ソルソン氏は監禁か

北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(33)の異母兄である正男(ジョンナム)氏(46)が、マレーシアで殺害されたことが伝えられる中、他の家族の身元にも関心が集まっている。

 複数の韓国政府消息筋によると、13日にマレーシアで毒殺された正男氏が発見されたという。

 殺害された正男氏と第2夫人のイ・ヘギョン氏の間に生まれた長男ハンソル氏(21)は現在、フランスに滞在していると伝えられているが、正確な行方は把握できていない。

 ハンソル氏は父が叔父の金正恩委員長との権力にもまれ、マカオや中国など海外を転々としてきた。2011年からボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルにあるインターナショナル・スクールに留学し、その後、フランス・パリ政治大学に入学した。

 2013年、後見人の役割をしていた張成沢(チャン・ソンテク)元国防委員会副委員長が粛清されて身辺の異常説も出回ったが、フランス政府の警護のおかげで無事だったことが伝えられた。

 昨年、パリ政治大学を卒業したが就業しておらず、外国に滞在していることが分かっている。

 開放的な父親の影響を受けたハンソル氏は、海外のマスコミとのインタビューで金正恩委員長について“独裁者”だと表現していた。

 ハンソル氏は、2012年にフィンランド公営放送とのインタビューで「これまで生きていて(金正日総書記と金正恩委員長に)一度も会ったことはない」とし、「叔父がどうやって独裁者になったのかもわからない」と述べた。

 毒針で殺害されたと伝えられている正男氏は、金正日総書記の第2夫人成恵琳(ソン・ヘリム)氏との間に1971年に誕生し、一時は後継者とされてきたが、金正恩委員長の執権後には北朝鮮に戻れないまま、海外を転々としていた。

 また金正日総書記の第3夫人金英淑(キム・ヨンスク)氏との間に生まれ、正男氏の異母妹であり金正恩委員長の異母姉となるソルソン氏が、対北朝鮮消息筋によると監禁された可能性が高いという。

 金正恩委員長は、金正日総書記の第4夫人で在日朝鮮人の高英姫(コ・ヨンヒ)氏との間に生まれ、血統を重視する北朝鮮の高位層文化において少なくはない差別を受けるなど、異母兄の正男氏との関係は良くなかったと言われている。

 金正日総書記と高英姫氏の間には、金正恩委員長より2歳上の兄の正哲(ジョンチョル)氏、4歳下の妹の与正(ヨジョン)氏がいる。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000107-wow-int
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
「調子悪い」と助け求める=正男氏、布かぶせられる?(マレーシア警察)(2017/02/15)
【北朝鮮】金正恩の長兄金正男、死亡!マレーシアクアラルンプール空港で女性2人の襲撃を受けて(2017/02/14)
 
=管理人補足=

google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
金正男の息子キム・ハンソル、キム・ジョンウンの「独裁者」/ YTN(Yes!Top News)
2017/02/14に公開
 
[アンカー]
北朝鮮、金正恩半兄、金正男が殺害され、金正男の息子であり、金正恩甥であるキム・ハンソルにも関心が撮影します。

5年ほど前、ヨーロッパに留学しながら、現地メディアとのインタビューしたことがあるが、当時のキム・ジョンウンを独裁者と呼んで注目を受けました。

当時報道ご覧いたします。バクフイチョン記者です。

[記者]
フィンランドTVにボスニアの国際学校に通う金正男の息子キム・ハンソル群が出演しました。

イヤリングをしてメガネをかけた姿が非常に断定して見えます。

駆使する英語も流暢たインタビューを通して余裕を失うことはありません。

[キム・ハンソル/金正男の息子:
1995年、北朝鮮の首都平壌で生まれ、しばらくの間山後マカオに移住しました。]

ハンソル軍は子供の頃の祖父が誰であるか知らなかったとし、金正日と叔父キム・ジョンウンに会ったこともないました。

[キム・ハンソル/金正男の息子:
祖父が亡くなる前に、本当に会いたかった会ったり、会話を交わしたことがありません。]

金正日と金正恩を独裁者で表現しました。

[キム・ハンソル/金正男の息子:
祖父と叔父との間の日であるため、叔父がどのように独裁者がなったのかわかりません。]

外国生活を長くしてか、韓国の事故は柔軟ました。

[キム・ハンソル/金正男の息子:
韓国の友達と話しながら、私たちは言語と文化が同じで非常に似ていることに気づきました。ただ政治的な問題で民族が分断されたのです。]

あどけない姿とは異なり、抱負はダンチャトた。

[キム・ハンソル/金正男の息子:
私はいつも、いつか北朝鮮に帰って住民の生活を向上させるという夢を見ます。また、統一の夢も持っています。]

YTNバクフイチョンです。