2244861
(イメージです。)
1:2017/02/14(火) 15:07:45.87 ID:
2017年2月13日、韓国・SBSは、韓国中部の都市・大田(テジョン)で明け方に発生した地震がマグニチュード(M)1.9と小規模だったにもかかわらず、ネットユーザーのSNSなどへの投稿がその後ほぼ一日中続いた理由について報じた。

13日午前3時10分ごろ、大田市儒城(ユソン)区でM1.9の地震が発生し、消防署には市民らから問い合わせの電話が相次いだ。

韓国気象庁はM2.0以上の場合に地震情報や災害メールを発信するが、今回はその規模に満たなかったため、情報を得る手段のない市民たちが不安に駆られたのだ。

SNSにも不安を訴える声が多く寄せられ、中にはガス爆発を疑ったり核廃棄物保管施設の安全性を尋ねたりする書き込みもあったという。

その後、気象庁は震源の深さが8?9キロと浅く、震源地周辺では実際に震度2?3の揺れがあったことを明らかにしている。

また、震源がちょうどマンションの立ち並ぶ地区に当たったとみられることから、地震の規模に比して多くの人が揺れを感じたことも考えられる。

さらに昨年、国内観測史上最大となるM5.8の地震被害を目にした韓国国民の間では、「朝鮮半島も地震安全地帯ではない」との認識が広まっていることも騒動の一因だろう。

韓国ではM2.0未満の地震が年間200回以上発生しているが、地震を単に規模だけで規定するのではなく、人や建物に影響を与える震度を「地震情報」の基準に反映させるべきという声が挙がっている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

「確かに地震のあった儒城区は原子力研究所があるから敏感にならざるを得ない」
「街の真ん中にある核廃棄物が爆発したらみんな死んでしまう」

と震源地域を心配するコメントや、

「去年の地震の時から地震対応マニュアルが間違ってたという話が出てたのに、まだマグニチュードだけで計ってるの?もっと大切なのは震度!」
「韓国も遅くなる前に、地震に備えて建物の補修・補強をした方がいい」

と早期対応を求めるコメントが多く寄せられている。
その他にも、

「政治家や公務員は『天国』、庶民や国民は『地獄』の大韓民国」
「大統領府も揺らしてください。『しっかりしろ!』と」

と国や政府を批判するコメントも目立った。

Record china 配信日時:2017年2月14日(翻訳・編集/松村)
http://www.recordchina.co.jp/a162061.html