bomb-1294293_640
(イメージです。)
1:2017/02/12(日) 08:49:15.70 ID:
韓国軍の合同参謀本部によりますと、北朝鮮が、日本時間の12日午前7時55分ごろ、西部のピョンアン(平安)北道から日本海に向けて、飛しょう体を発射したということです。飛しょう体が何なのかや飛距離など詳しいことは分かっておらず、情報の収集を急いでいます。
 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170212/k10010873631000.html
 
=管理人補足=

google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-02-12 10:01です。

北今朝のミサイル1発発射... "トランプ政権反応、表示するように" / YTN(Yes!Top News)
2017/02/11に公開
 
[アンカー]
北朝鮮が今朝弾道ミサイル1発を東海上に発射しました。
米国のトランプ政権発足後、北朝鮮の最初の武力挑発です。

取材記者接続します。ギムジュファン記者!
北朝鮮が今朝弾道ミサイルを東海上に発射ヘトダジョ?

[記者]
北朝鮮が弾道ミサイルを発射したのは、今日の朝7時55分頃です。
発射場所は平壌北部地域である平安北道防眩飛行場に推定されると合同参謀本部が明らかにした。

現在までに発射したミサイルがどのような種類のかは把握されていないが、今日の発射したミサイルは500キロ程度を飛行したもので、韓米情報当局は把握しています。

軍当局は、今日発射したミサイルが一旦大陸しっかりもミサイルICBMではないと判断しています。

一度、労働ミサイルまたは無手段ミサイルの改良型であると推定しています。

前北朝鮮は今日のミサイルを発射した防眩地域を含めて、昨年射程3000キロに及ぶ無手段ミサイルを8回試験発射したが、7回は失敗したことがあります。

青瓦台はキム・クァンジン安保室長の主宰で今朝9時30分頃、緊急国家安全保障会議を招集し、北朝鮮のミサイル挑発による対応策を議論しています。

[アンカー]
北朝鮮がトランプ政権の強力な対北朝鮮警告にもかかわらず、今回のミサイルを発射した意図が何見ますか?

[記者]
言われた通り、米国の新政権の対北強硬基調に対抗性格の武力示威で判断されると、合同参謀が明らかにした。

先に北朝鮮は今年初め、任意の時刻、任意の場所でミサイル発射すると、数回の脅威たことがあります。

したがって、今日弾道ミサイル発射も、自分たちの主張が頻発ではない意図を表わしたものでも見ることができます。

また、来る16日、金正日の誕生日75石を迎え祝砲の意味も込められたことでも推定することができ、最も重要なことは、最近の日米首脳会談で対北強硬メッセージを出さないでしょうか?

それに伴う対抗性格が込められたものと分析されます。

とにかく今回の弾道ミサイル発射は、トランプ政権発足後初めての北朝鮮の軍事挑発であり、今後の米国の対北朝鮮政策に影響を与えることが予想されます。

今までYTNギムジュファンです。