51
(動画サムネイルです。)
1:2017/02/10(金) 18:32:25.50 ID:
中央日報日本語版 2/10(金) 15:07配信

口蹄疫の防疫が難しい状況を迎えた。京畿道漣川(ヨンチョン)で発見されたウイルスが、忠清北道報恩(ボウン)と全羅北道井邑(ジョンウプ)のウイルスとは違う種類であることが9日に確認され、口蹄疫の全国拡散が懸念されている。漣川で発見された口蹄疫ウイルスはA型、報恩と井邑はO型だ。異なる種類の口蹄疫が同じ時期に発生したのは今回が初めてとなる。この日、忠清北道報恩の別の農家でも口蹄疫ウイルスが発見され、農林畜産食品部は口蹄疫危機警報を「警戒」から最高段階の「深刻」に引き上げた。危機警報「深刻」は2010年以来7年ぶり。

A型ウイルスの登場で政府のワクチン接種計画に支障が生じた。現在、国内にはA型ワクチンがない。これに対し政府は保有中の「O+A型」(O型とA型の複合)ワクチンがA型ウイルスに効果があるかどうかを確認するために遺伝子分析に入った。

問題はO+A型ワクチンに効果があるとしても量が190万頭分しかない点だ。現在、韓国国内では牛300万頭と豚1000万頭が飼育されている。政府は緊急輸入する計画だが、国内に到達するには1週間以上かかる。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000043-cnippou-kr
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】全国86カ所の家畜市場、全面閉鎖!口蹄疫発生受け、警報段階を最高の「深刻」に引き上げ(2017/02/09)
 
=管理人補足=

google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
抗体90%であるが、口蹄疫の感染...「水ワクチン」緊急/ YTN(Yes!Top News)
2017/02/10に公開
 
[アンカー]
牛は抗体ヒョンソンリュルが80%を超えると、口蹄疫によくかかりません。
ところが、最近A型口蹄疫が発生した京畿道漣川農場の牛の場合、90%が超えたんです。
現在使用しているワクチンが効果がない、いわゆる水ワクチンという意味なので防疫当局に緊急を要した。

ソンテヨプ記者が報道します。

[記者]
去る8日A型口蹄疫が発生した京畿道漣川乳牛飼育農家のA型抗体ヒョンソンリュルが90%であることが確認されました。
現在使用しているA型口蹄疫ワクチンの効力がないことを意味します。

学界では、マレーシアに由来したA型ワクチン菌株が2010年に国内で発生した口蹄疫ウイルスと当初から遺伝的差異が大きかったと指摘します。

【ソサンフイ/忠南大学獣医科教授:
2010年春に発生したA型が退治がされず、いわゆる言えば効果のないワクチンをすることにより、単にクリックしているが、6年過ぎて新しい亜種が生じ出現した可能性が最も高いと考えています。]

漣川口蹄疫が北朝鮮に由来したという主張も信憑性がないようです。

北朝鮮では2011年に口蹄疫が流布した国際獣疫事務局OIEは、当時のウイルスの種類がO型だと明らかにした。

O型口蹄疫が発生した忠清北道報恩や全羅北道井邑農場では、抗体ヒョンソンリュルが非常に低かった。

そちらの地域は、ワクチン効能がないのではなくワクチンを置かないか、間違って置いて発症したという分析が出てきます。

[チョ・ホソン/全北大獣医学部教授:
これが話ためには、その発症した二農場に抗体ヒョンソンリュルがとても高かった必要があります。ご存知のように20%、5%を記録したのを見ればワクチンだけでも十分防御がということです。]

政府は、今回の口蹄疫が外部から流入した可能性にまだ重きを置いています。

口蹄疫の専門機関である英国のパブのライト研究所に漣川で発生した口蹄疫菌株を送信分析を依頼しました。

しかし、結果が出るまで二ヶ月以上の時間がかかるとみ代替のないワクチンの空白事態が長くなるか懸念されます。

YTNソンテヨプ[taysong@ytn.co.kr]です。