5090491
(イメージです。)
1:2017/02/09(木) 13:35:13.04 ID:
韓国国土交通部(省に相当)と航空各社によると、韓国の旅客機3機が8日、3件のトラブルを相次いで起こし、引き返したか出発が遅延した。

同日午後8時50分ごろ、仁川空港から乗客250人を乗せ、タイ・バンコクに向かっていたアシアナ航空743便が離陸から約20分後、エンジンから異音が発生し、結局午後11時34分に仁川空港に引き返した。

また、午前0時40分ごろにはバンコクから仁川に出発予定だったジンエアー004便で機体後部から煙が出て、機内に流れ込んだため、乗客が避難する騒動があった。国土交通部関係者は「客室につながる空気供給装置で補助動力装置の燃料の燃え残りが気化して流入した。機体整備のため、出発が予定より約7時間遅れた」と説明した。

さらに、午後10時18分ごろには仁川から乗客325人を乗せ、フィリピン・クラークに出発したジンエアー023便の貨物室で火災が起きたことを示す警告灯が点灯し、同便は出発から27分後に仁川に引き返した。国土交通部関係者は「貨物室内の消火器が自動で作動し、警告灯が店頭した。実際に火災が発生したかどうかや正確な原因は確認が必要だ」と述べた。

洪準基(ホン・ジュンギ)記者

ソース:朝鮮日報 2017/02/09 08:11
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/09/2017020900640.html