games-159849_640
(イメージです。)
1:2017/02/08(水) 19:20:53.36 ID:
【ソウル共同】
 
韓国の世論調査会社「韓国ギャラップ」は7日、来年2月の平昌冬季五輪についての調査結果を発表し、「大いに関心がある」と「ある程度関心がある」の回答の合計が48%にとどまり、韓国内でも五輪への関心がさほど上がっていない実情が浮き彫りになった。「あまり関心はない」と「全く関心はない」を合わせた無関心層は49%だった。


同社は1988年ソウル五輪や2014年仁川アジア大会など当時の調査結果と比較して、韓国でも国際スポーツ大会への関心は「90年代以降は次第に下がっている」と傾向を分析した。

関心のある種目はフィギュアスケートが34%で最も高かった。

ソース:岩手日報 2017年02月07日
https://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_c.cgi?c_sport_l+CO2017020701001914_1