war-305505_640
(イメージです。)
1:2017/02/07(火) 09:03:35.32 ID:
国産‘名品武器’であるK-9自走砲がフィンランドとエストニアの欧州2ヶ国に同時輸出される。

K-9自走砲の性能と価格競争力が国際的に認められた事例として評価される。ハンファテックウィンが製作したK-9自走砲は陸軍砲兵の主力武器だ。

政府消息筋は6日「我々陸軍が使用したK-9自走砲48両を完全分解整備後に再組み立てする廠整備(※工場でオーバーホールなど整備をすること)方式を通じてフィンランドに輸出する交渉が仕上げの段階に到達した」とし「来月初めに最終契約をする予定」と明らかにした。

フィンランドに輸出する48両の価格は2億ドル(約2270億ウォン)であると分かった。両国は後続軍需支援(部品供給)や技術料などの名目で約2億ドルの契約も結ぶことが分かった。総4億ドル(約4540億ウォン)に達する。

フィンランドの隣接国であるエストニアもフィンランドと手を取り合って優先的にK-9自走砲を12両(5000万ドル規模)導入するという方針によって交渉を進行中であることが分かった。フィンランドとエストニアが一種の‘共同購買’形式で我が国で生産した自走砲を導入するのである。

エストニア軍の高位関係者が最近訪韓し、先日3日我が政府の高位関係者と会ってK-9導入関連の交渉をしたことが分かった。エストニアとの契約もフィンランドと類似の条件で成されるものと予想される。両国の輸出額を合わせれば5億ドルと推算される。K-9を廠整備して輸出するのは初めての事例だ。

軍消息筋は「我が軍が運用中だったK-9の中で廠整備時期が到来した物量を輸出対象にした」とし「48両を新製品として陸軍に供給する計画」と話した。陸軍は予算の追加投入無しに中古K-9を新製品に替えることができる機会を得たわけである。

防産業界関係者は「K-9自走砲は運用し始めてから12年が経つと廠整備対象になる」とし「我々は1999年にK-9の運用を始めた」と説明した。

フィンランドと我が政府は去年11月、K-9自走砲事業のための了解覚書(MOU)を締結し、来月正式契約の締結を控えている。フィンランド政府はバルト海向こうの隣接国であるエストニアにK-9自走砲を‘共同購買’しようという提案をし、エストニア政府がこれを受諾したことが分かった。

両国が共同購買に出たことは両国共にロシアと国境を接していて陸軍の防御力を強化しなければならない必要があるからだ。これと共に気候条件が似ていて、運用のためにフィンランド軍が実施した酷寒期試験評価をエストニアも活用することができる。

これらの国が新製品ではなく‘中古品’K-9購買に出たことは耐久性に対する信頼と共に価格の側面で有利であるからだ。軍消息筋は「普通K-9新製品の1両あたりの価格は45億~50億ウォン線」として「中古を導入すれば1両あたり10億ウォンほど価格を下げることができる」と話した。そして廠整備の過程で完全に分解した後、消耗性の部品は全て新製品に交替して再組み立てするので耐久性や性能には問題が無いというのが会社の説明である。

2017/02/06 20:14
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000021&cm=&no=85070&year=2017
 
 
我が国が独自開発した最新型自走砲K-9の欧州輸出の道が開かれた。

4日、ロシア・スプートニク通信はエストニアがフィンランドのK-9 12門共同購買の提案を受け入れたと報道した。

ラウノ・サーク エストニア防衛投資センター所長は「K-9は素晴らしい機種」と明らかにして「しかしK-9装備点検のための基地を(エストニア国境近くに)設置しなければならない」と条件を付けた。

フィンランドは去年末、K-9の性能テストを実施した。 契約が成された時は2021年フィンランド砲兵部隊にK-9が配置される。

K-9は三星テックウィン、WIA、豊山、ハンファ、LG精密など100余個防産会社が参加して開発された。重量47トンで口径は155mmだ。急速射撃時15秒あたり3発ずつ発射することができる。射距離は40~53kmだ。

厚い装甲で高爆弾(※HE弾、榴弾のこと)の爆圧にも平気だ。K-6機関銃を副武装として装着して有事時接近する敵歩兵と交戦することができる。敵の反撃時、時速67kmの速度で射撃地点から迅速に離脱することができる。

自走砲は‘地上戦の王者’と呼ばれる。通常正規軍死傷者の大多数が砲撃によって発生する。密に配列された数両の自走砲が一斉に持続的に撃ち出す砲弾は威力的である。

K-9は米国のM109A6パラディン、英国のAS-90などよりも優秀な性能を持っている。2010年の延坪島砲撃当時に初実戦デビューした。

2017/02/05 15:51
http://www.todaykorea.co.kr/news/contents.php?code=all&idxno=236179