abort-146096_640
(イメージです。)
1:2017/02/07(火) 15:46:31.06 ID:
米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備をめぐり韓国と中国があつれきを抱えているなか、中国がまたも少なくない韓国製化粧品の輸入を不許可としたことが7日、分かった。

中国の関連業界によると、品質管理当局の国家質量監督検験検疫総局は先ごろ、2016年12月に不合格とした輸入化粧品・食品リストを発表。輸入許可を得られなかった化粧品68点のうち、19点(計2.5トン)が韓国メーカーの製品だった。

不合格となった韓国製化粧品は美容液、洗顔料、化粧下地、ファンデーションなどよく売れる商品で、中国当局が求める証明書をきちんと提出していないことが理由だった。

業界関係者は「昨年から総局が化粧品などに対する規制を大幅に強化し、品質基準を厳しく適用していることで、韓国製化粧品が数多く摘発されている。中国当局の規定にきちんと対応する必要がある」と話している。

同総局は先月には、16年11月に輸入不許可とした化粧品のリストを発表し、計28点のうち韓国メーカーの化粧品や日用品が19点を占めた。

一方、今回の発表では韓国の食品も一部不合格となった。リンゴジュース、インスタントラーメン、菓子、ノリ、コメなどで、総量は20トンを超える。大半は成分の基準値超過が理由だった。
 
聯合ニュース
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/07/2017020701961.html