1:2017/02/06(月) 19:08:46.61 ID:
602152d0.jpg
6477fa21.jpg
7c2e091a.jpg 
[写真CNNホームページ]

米CNNが現地時間6日、「慰安婦少女像はなぜ外交葛藤に飛び火したのか」というタイトルの記事とともに慰安婦少女像を作ったキム・ウンソン作家とのインタビューを土台に慰安婦少女像を詳細に説明した。この記事は現在のCNNホームページのメイン画面で'Top stories'として紹介されている。

CNNは少女像が「第二次世界大戦期間、日本政府によって強圧的に動員された慰安婦少女を象徴する」として「短い髪は少女の意思に反して家族・友人らとの断絶した関係を象徴し握りしめたこぶしは日本の戦争犯罪にこれ以上沈黙せず真実を言うという意志を表現する」と紹介した。

その他にも少女像の足のかかとが地面から離れている理由や少女像のそばの空の椅子が象徴するもの、そして少女像の肩に座っている鳥が意味する内容などを詳細に説明した。

CNNはこの少女像が韓国だけでなく米国とカナダ、オーストラリアなど世界のあちこちにも設置されていると付け加えた。

CNNは「第二次大戦当時、日本軍によって韓国と中国、台湾、インドネシアなどで20万人ほどの女性たちを相手に慰安婦強制徴集がなされた」として安倍総理が否認した「慰安婦強制動員」を強調した。

また「日本は1992年の河野談話を通じて責任を認め謝罪をしたが、その他の追加的な政府次元の公式被害補償などはなかった」と批判した。

一方、釜山(プサン)日本総領事館前の慰安婦少女像設置をめぐり日本政府が「自国大使帰国」決定を下したことについてキム・ウンソン作家の反応も紹介した。キム作家はCNNとのインタビューで日本政府のこのような対応が行き過ぎだとし、「慰安婦少女像で日本が傷つくのは何なのか」として「平和のメッセージを込めた女性の人権を込めた彫刻像だ」と明らかにした。

CNNは慰安婦少女像をめぐる政府間葛藤が大きくなり、両国関係が70年前よりもさらに後退したと付け加えた。

パク・サンウク記者

ソース:JTBC(韓国語) 米CNN、慰安婦少女像集中照明…"慰安婦少女像はなぜ外交葛藤に飛び火したか"
http://news.jtbc.joins.com/article/article.aspx?news_id=NB11415945

関連記事:CNN(英語)Why this statue of a young girl caused a diplomatic incident
http://edition.cnn.com/2017/02/05/asia/south-korea-comfort-women-statue/index.html
 
=管理人補足=
上記関連記事CNNの抜粋です。
google翻訳です。私の翻訳部分や日本語がおかしな箇所には( )で英文を付けました。
誤訳・読みにくい箇所等あるかと思いますので、この点ご了承下さい。
また、記事には動画や画像もあります。
 
(省略)
この彫像は、国際事件を引き起こし、貿易取引(trade deals)を脅かし、70年以上前に戻る日韓間の深刻で激しい隆起を露呈している。

Diplomatic spat
(省略)
そのインスピレーション、芸術家キム・ソンギョンとキム・ウンソンは、CNNに語った。
当初、彼らは1992年以来、ソウルの日本大使館の外で生き残った「慰安婦」によって開催された、毎週水曜日のデモンストレーションのための記念石を作成しようとしていた。
「しかし、私たちは、日本政府が記念石を建てることに反対しており、これが私たちをアーティストとして怒らせた」と、Kim Seo-kyung氏は述べた。
("But we heard that the Japanese government was against the memorial stone being built, and this offended us as artists," Kim Seo-kyung said.)
記念碑の計画は、平和の祭壇に置き換えられた。その最初のものは、ソウル大使館の向かいに建てられた。
「日本政府が過度に反応しなければ、ちょうど小さな記念碑になっただろう」と彼女は語った。
現在、韓国には十数個の彫像があり、米国、カナダ、オーストラリアなど他の国では6個の彫像が展示されているという。

Wartime crimes(戦時犯罪)
韓国、中国、台湾、インドネシアでは、第二次世界大戦中に最大20万人の女性と女児が性.奴隷に強制されました。
日本の占領された東アジアにおける強制売春は、1932年に最初に提案され、1937年に「南京虐殺(Rape of Nanjing)」の後に復活した。-中国の都市で約300,000人が大量殺戮で数週間のうちに死亡し、強姦、略奪があった。
「このような制度化された、したがって制御された売春サービスが、軍隊の根拠となっている地域における強姦報道の件数を減らすだろうという合理性...」という国連の報告書によると、
この目的のために、日本軍は、売春宿のために、欺瞞、coercion and forceによって女性を募集し始めたと報告した。
「女性の犠牲者の多くは、娘の拉致を防止しようとした家族への暴力があったと話し、中には強制的に連れていかれる前に両親の前で兵士によってレイープされたケースもあったと話す。」
("A large number of the women victims speak of violence used on family members who tried to prevent the abduction of their daughters and, in some cases, of being raped by soldiers in front of their parents before being forcibly taken off.")

Compensation and apology(補償と謝罪)
1945年の日本の降伏と第二次世界大戦の終結の後、「慰安婦」犠牲者の苦情はほとんど聞かれなかった。
東京は、ソウルとの関係を正常化させた1965年の条約で、この問題がほぼ解決されたと主張する。
1992年、軍隊は女性を性.奴隷に強制することに関与しており、政府スポークスマンは「心からの謝罪」を表明したが、更なる公的補償はそれ以上のものではないと述べた。
この問題は、日本政府が再び謝罪を表明し、犠牲者を助けるために10億円(870万ドル)を拠出するという画期的合意に署名した2015年まで議論の余地が残った。
被害者団体は、「慰安婦」プログラムに対する政府の責任を認めて謝罪が十分に行われておらず、国の戦争犯罪を否定する日本の歴史教科書を指摘した。
さらに、両国政府は、「国際連合(UN)を含む国際社会における批判と批判を控える」と、当局者は述べた。
東京は、釜山の領事館正面に設置するためには公式の承認が必要なため、合意違反を訴えているという。
(The erection of the statue in Busan, Tokyo argues, breaches this agreement as it required official approval to be installed opposite the consulate.)

Reaction(反応)
キム・ウンソンは、彼が日本人の過反応と見なしていることに驚いている。
「女の子の像のうち、日本を傷つける部分はどれですか?それは、平和のメッセージと女性の権利の象徴です。
彼は地元の釜山市民団体からの委託を受け、寄付金を募っただけで、外交問題を意図した訳ではない。
(He never expected the statue, which was commissioned by a local Busan civic group and paid for with donations, to cause a diplomatic incident.)
キムさんは、「これは前例のないことだ。日本政府が私たちの国で(国民の)彫像を作ることに干渉し過ぎている」と述べた。
("It's something unprecedented, where the Japanese government is interfering so much with (Korean) people setting up a statue in our own country," Kim said.)
声明の中で、彫像を委任したグループは、「日本の植民地支配と戦争犯罪に対する公式の謝罪と法的補償を要求し、(2015年)の慰安婦契約を破棄するために」設置されたと述べた。