plane-1030900_640
(イメージです。)
1:2017/02/06(月) 09:00:38.74 ID:
昨日(5日)の午後7時頃、仁川(インチョン)国際空港でベトナムに出発しようとしていた航空機の非常口が開かれ、2時間以上も離陸が遅延しました。

ベトナム・ダナン行きの大韓航空KE463航空機の中で60代の女性が非常口のレバーを引き、非常口が強制開放されたと大韓航空は明らかにしました。また、これと同時に非常脱出用のシューターも開きました。

当初の出発時刻が午後6時40分から20分遅延していた航空機は、非常口が開いて離陸がさらに遅れました。

大韓航空の関係者は、「この女性は非常口のレバーをトイレのドアの取っ手で勘違いして引いた事が分かった」とし、代替機を投入して出発する措置を取ったと話しました。

ソース:NAVER/SBS(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=055&aid=0000501351