9c3ffc81dcc4e8bd2cf1fe35f2de5e1c_s1
(イメージです。)
1:2017/02/04(土) 11:25:47.12 ID:
2017年2月2日、韓国・聯合ニュースによると、40年の歴史を持ち韓国最大の海運会社である韓進海運が破産手続きを行うことになり、関連業種で大規模な失業が予想されている。

海運業界によると、昨年第3四半期基準で韓進海運の従業員数は陸上従業員671人、海上従業員685人の計1356人だ。海外法人の現地スタッフと外国人船員まで含めると従業員数は3900人余りに達する。大量失業は韓進海運だけにとどまらず、韓進海運と契約していた関連企業も事業から撤退しており、従業員が退職に追い込まれている。海運業界と専門研究機関は、韓進海運の法定管理直後に出した分析で、「破産による失業者は、釜山だけで3000人、全国で最大1万人を超える」と推定している。

海運業界で世界7位の実績もあった韓進海運の破産を受け、「従業員に何の罪があるのだろう」「上層部の経営責任が大きい」「いつも最終的に労働者だけが苦しみを受ける」など、従業員の苦痛に同情する声とともに、「国民の税金を投入して支援した結果が破産か」「無能な政府のせいだ」など政府を批判する意見もあった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170204/Recordchina_20170204014.html
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
韓国・韓進海運、清算へ 再生手続き中止 17日に破産が宣告される(2017/02/03)
 
=管理人補足=

[ソウル経済TV]韓進海運破産に個人投資家青天の霹靂
2017/02/03に公開
 
[アンカー]
韓進海運の回生を期待し株式購入に乗り出した個人の株式投資家、別名アリが、最終的にとばっちりを迎えました。一時1300ウォン台まで上がった韓進海運の株価は昨日780ウォンまで下がりマーケティングは停止されました。これがすべての裁判所の更生手続廃止決定のためですが。韓進海運は、残りの資産もなく、破産手続に入ると、株式・債券を保有している個人だけの被害が避けられました。イヒョンホ記者の報道です。

[記者]
韓進海運が事実上破産手続に突入し、株式・債券を保有している個人投資家が一銭もない助かる危機に直面しました。
 
ソウル中央地裁は昨日、「韓進海運の再生手続き(法定管理)を廃止する」と発表しました。昨年8月末韓進海運が回生手続を申請した後に、5ヶ月ぶりです。
 
昨日韓進海運の株価は、米国子会社の資産売却のニュースが伝えられ枚開場すぐ急騰して1,180ウォンまで上がるが取引中に破産説が回って売りが流入し、最終的に780ウォンで取引を終えました。高粘度で株式を買った場合、33.8%の損失を被った。
 
問題は、韓進海運が破産すると持っている株式がすべて無駄がなくなるということです。
 
韓進海運が来る17日、破産宣告を受けると以後3取引日の予告期間を経て、7取引日の整理マーケティングをします。まとめマーケティング期間を通じて最終的に株式を処分することができますが、事実上紙切れと投資家としては、損失が避けられます。
 
残りの資産も多くなく売却などを通じて財源を設けても、大きな意味がありません。
韓進海運の破産による個人投資家の被害規模は1,800億ウォンと推定されます。
 
少数株主が5万人に時価総額のうち1,200億ウォンが個人投資家のお金であり、公募社債のうち、個人が保有している金額が600億ウォン規模です。
一部では、政府が政策的判断で海運業を再編して韓進海運が破産に至っただけの個人投資家を損失を補填する対策に乗り出さなければならするではないかという指摘が出てきます。
 
ソウル経済TVイヒョンホです。