1:2017/02/02(木) 00:59:36.39 ID:


中国が寄贈した白頭山(ベクトゥサン)虎2頭が、放し飼いのために慶尚北道奉化郡(キョンサンブクド・ボンファグン)にある国立白頭大幹樹木園に移送された。虎が姿を消してから約200年ぶりに、韓半島の南の森で再び雄たけびするものとみられる。

山林庁は、白頭山虎の雄である「豆滿(トゥマン)」(15年生まれ)や「金剛(クムガン)」(11年生まれ)が、慶尚北道奉化郡にある国立白頭大幹樹木園内の虎の森に到着したと、26日明らかにした。神経質な白頭山虎が輸送中にストレスを受けないよう、輸送作戦も慎重に行われた。恒温恒湿車を利用して、時速70キロのスピードで45分間走っては15分間休む形で虎を移した。

今回移された豆滿と金剛は、2005年と2011年に中国から寄贈された虎だ。京畿抱川市(キョンギ・ポチョンシ)に位置している国立樹木園や大田(テジョン)動物園がそれぞれを世話してきた。この2頭の虎は当面、白頭大幹植物園の虎の森に設けられた飼育施設で適応訓練を経ることになる。その後、森の中に移され、一般に公開する予定だ。国内最大規模の虎の放し飼い施設(4万8000平方メートル)である虎の森には、観覧客が安全に観覧できるように安全柵も設置される。

日本帝国による乱獲などで絶滅の危機に追い込まれた白頭山虎は1921年、慶北慶州(キョンジュ)の大徳山(テドクサン)で見つかった後、韓半島の南でその姿を消した。現在、国内動物園にいる50頭あまりの白頭山虎は、中国などの外国から取り寄せたものだ。白頭山虎は韓国虎とも呼ばれ、世界で熱帯地方に生息していない唯一の虎だ。ロシア沿海州を中心に、ロシアや中国、北朝鮮の国境地域に450頭ほどが生息している。山林庁は今後、三頭の白頭山虎をさらに取り寄せる計画だ。

ソース:東亜日報日本語版<白頭山虎が白頭大幹に帰ってきた>
http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/835469/1

関連スレ:【中国】 動物園で男性がトラに襲われ死亡、入場料払わず壁乗り越え入園=遺族は動物園側の落ち度主張[01/31]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1485963297/
【日韓】 「日帝が絶滅させた朝鮮のトラ。その試食行事は侵略祝賀行為」~ヘムン僧侶「同志社の虎返還、東北アジアの平和に」[02/28]2016
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1456660693/
 
=管理人補足=
アムールトラ (Panthera tigris altaica) ;
ネコ科に属するトラの一亜種。和名はチョウセントラ、シベリアトラなどとすることもある。
日本の戦国時代の武将・加藤清正が朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の陣中にあったとき虎退治をしたとの逸話があるが、この虎はアムールトラであったと考えられる。
wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9
 
文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき);
文禄元年/万暦20年/宣祖25年(1592年)に始まって翌文禄2年(1593年)に休戦した文禄の役と、慶長2年(1597年)の講和交渉決裂によって再開されて慶長3年/万暦26年/宣祖31年(1598年)の太閤豊臣秀吉の死をもって日本軍の撤退で終結した慶長の役とを、合わせた戦役の総称である。
wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E7%A6%84%E3%83%BB%E6%85%B6%E9%95%B7%E3%81%AE%E5%BD%B9