korean-flags-804528_640
(イメージです。)
1:2017/02/01(水) 17:02:50.13 ID:
【ソウル聯合ニュース】
 
 韓国で年内に行われる次期大統領選の有力候補と目されていた潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が1日に国会で急きょ記者会見を開き、不出馬を表明した。潘氏の不出馬は、朴槿恵(パク・クネ)大統領の職務停止が続くなか、年末の大統領選の前倒しを見越して動いている政界に大きな影響を与えそうだ。与党側は潘氏との連携で活路を見いだす狙いだったが、この目算は狂い、最大野党「共に民主党」に対抗し得る候補を失った格好になった。


 潘氏は会見で「自分の主導で政治交代を成し遂げ、国家統合を実現するという純粋な気持ちを引っ込める」と述べた。また「(政界の)一部の旧態依然とした、偏狭な利己主義的な態度にこの上なく失望した。こうした人々と一緒に歩むことは無意味だと判断するに至った」と語った。

 一方で「10年にわたる国連事務総長としての経験と国際的な資産を生かし、いかなる方法であれ、韓国の明るい未来のために献身したい」とも述べた。

 潘氏は早ければ春にも実施される可能性がある大統領選の有力候補として期待を集めたが、最近は支持を落としていた。

 潘氏を事実上の党大統領選候補としていた保守系与党のセヌリ党では、ここに来て支持を広げつつある黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相を担ごうとする動きが出ている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000068-yonh-kr
聯合ニュース 2/1(水) 16:44配信
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】潘前国連総長の大統領選不出馬表明に「衝撃」(2017/02/01)
【韓国】潘基文氏、元慰安婦に面会拒否される 韓国ネット「反省文でも書いたら会えるかもね」(2017/02/01)