south-korea-40604_640
(イメージです。)
1:2017/02/01(水) 18:23:58.33 ID:
http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20170201005000882&domain=6&ctype=A&site=0100000000

【ソウル聯合ニュース】
 
 潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が1日、韓国次期大統領選への不出馬を宣言したことについて、韓国与党セヌリ党の報道官は聯合ニュースに対し、「非常に衝撃的で残念」とコメントした。

 
 同報道官は「国連事務総長としての経験をもとに国民のために違う方向から寄与することを望む」とした。

 潘氏は次期大統領選の保守系の有力候補とされていたが、急きょ記者会見を開き、「(政界の)一部の旧態依然とした、偏狭な利己主義的な態度にこの上なく失望した。こうした人々と一緒に歩むことは無意味だと判断するに至った」と説明。「自分の主導で政治交代を成し遂げ、国家統合を実現するという純粋な気持ちを引っ込める」と述べ、次期大統領選への不出馬を表明した。

 一方、最大野党「共に民主党」の首席報道官は「突然の決定で意外だが、決定を尊重する」として、「民心が望んでいることは政権交代。新しい韓国をつくることが国民の望み」との論評を出した。

 また、同党の報道官は会見を開き、「国連事務総長を務めて培ってきた経験をもとに社会と国民のため寄与することを望む」と述べた。