1:2017/01/31(火) 17:39:42.95 ID:
ab56a9c1.jpg
▲世界経済フォーラム(ダボス会議)に出席などのために、15日(現地時間)、スイスを国賓訪問した習近平中国国家主席(右)がベルンの連邦議会で演説している。/ AFP聯合ニュース

今年のダボスフォーラムは様々な面で例年と違っていた。昨年だけでも第4次産業革命など革新が主要問題だったが、今回はポピュリズムと政治リーダーシップ不在、保護貿易主義など憂鬱な話がトップニュースを飾った。

'正義とは何か'の著者マイケル・サンデル、ハーバード大教授は「米国大統領選挙でトランプが勝ったことは伝統的に民主党を支持してきた米国社会の下位25%層がポピュリズム指向を見せた共和党のトランプ支持で背を向けたため」と分析した。彼は「民主国家のエリートが怒った国民の声に耳を傾けなければ、選挙はポピュリズムに流れるほかない」と警告した。人ごとではない。
 
(中略:人工知能の事例)

ダボスフォーラム演説者らは先を争って未来を展望し、参席者らはそのような未来に対応する方案を議論した。だからだろうか。ダボスからみた韓国の国内状況はさらに絶望的に見えた。政治家たちは社会正義が重要だと血を吐く心情で言っても、20~30年後の韓国が暮らす産業について話すことはない。

国際社会では力がすなわち正義なのに、私たちだけの井戸の中で社会正義に埋没し、未来に対応できない愚を冒しているのではないか心配になった。その上、技術もなく実力もないのにひたすら自分の権限だけ強調して責任は取らない風潮、法の上に情緒法があってその上に無理強い法がある社会だ。

左派とか右派とか、従北とか反北とか、親日とか反米とか言いながら、あなたの側・私の側に分けて分裂する。これでは中国に押され日本にやられる。国家がなくなったらあなたの側・私の側に何の意味があるのか?我が国は本当に大変なことになったという気がした。

20人余りに過ぎなかった我が国の参席者は限韓令など中国のTHAAD関連措置や日本の慰安婦問題について私たちの立場を熱心に表明した。しかし誰も聞き入れようとしなかった。明らかに私たちは正しいが、私たちの正義は認められなかった。

ある参席者は「中国や日本より力がないため」といった。正しい言葉だ。しかし、そのような認識が愚痴だけに終わってはならない。私たちが生き残る道は何か悩まなければならない。答は一つだ。中国や日本の国民が私たちのドラマをさらに多く見ずには耐えられないようにして、私たちの製品を買わずにはいられないようにすることだけが私たちの生きる道だ。

英語・中国語・日本語の一単語でもさらに覚えて私たちだけの技術をより一層発展させ、大韓民国でなければできない、それで私たちの声に耳を傾けなくてはならないようにしなければならない。私たちの実力が世界的な水準に昇る時まで、私たちは前だけ見て走らなければならない時だ。

20年後、今を振り返ってみれば、私たちの社会が主に主張した社会正義が国際社会では何の意味もなくならないようにだ。

チェ・ウソク未来企画部次長


ソース:朝鮮日報(韓国語) [デスクから]ダボスが聞かなかった韓国の声
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/01/30/2017013001227.html

関連スレ:【ダボス会議】日本の歴史認識問題解決で東アジア経済協力を=崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)韓国前副首相[1/24]2016
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1453636599/