1:2017/01/30(月) 19:00:29.06 ID:
韓国海兵隊航空隊が44年ぶりに復活する。韓国航空宇宙産業(KAI)がスリオンヘリコプターをベースに開発した上陸起動ヘリコプター2機が、ことし海兵隊で初めて戦力化される予定だ。防衛事業庁が30日、明らかにした。海兵隊は今回の2機を皮切りに、2023年までに2大隊・28機を配備する計画だ。

軍は、今回の海兵隊上陸機動ヘリコプターの導入でOTH(超水平線レーダー)能力が非常に高まるだろうと期待している。これまで海兵隊は米海兵隊の上陸機動ヘリコプターに依存してきた。上陸機動ヘリコプターは、揚陸艦で海兵隊兵力や装備を輸送する上陸作戦、地上作戦の支援のための空爆、島嶼しょ地域の局地挑発への迅速対応などの任務を遂行する。

KAIは昨年1月、上陸機動ヘリコプターの開発を完了した。艦上での運用が行いやすいように主ローター(ヘリコプターの回転翼の部分)を折り畳めるように改造し、海上作戦の環境を考慮して機体に塩気腐食防止処理を施している。また、長距離通信用HF無線機や戦術航法装置、補助燃料タンクなども搭載されている。

海兵隊航空隊所属12機のヘリコプターと125人の運用要員は、1973年10月の海軍との統合によってすべて海軍に吸収された。1987年11月に海兵隊司令部が再び創設されたが、海軍からの航空機返還はなかった。海兵隊は2008年から海軍委託教育を通じて操縦士を養成しながら海兵隊航空隊を復活させようと努力してきた。

海兵隊に配備される上陸機動ヘリコプター(写真提供=KAI)
 
中央日報/中央日報日本語版 2017年01月30日14時50分
http://japanese.joins.com/article/203/225203.html