1:2014/05/06(火)22:11:44 ID:
2014年5月6日、華夏経緯網によると、韓国・忠清北道の歴史記念公園にこのほど、日本軍国主義の象徴と批判される「旭日旗」をかたどった花壇が作られ、市民の間に批判の声が広がっている。

現場は忠清北道報恩郡にある東学農民革命記念公園。19世紀末に起きた農民運動「甲午農民戦争(東学党の乱)」を記念して設立された。
旭日旗の花壇があると指摘されたのは、園内にある記念塔の後方部分。訪れた市民の1人が「旧日本軍と戦った革命の聖地に、なぜ戦犯の旗があるのか。すぐに撤去すべきだ」と批判している。

記念塔と周辺の景観をデザインしたのは韓国の作家。韓国軍関係者の1人は「軍も花壇の作者も旭日旗を使ったつもりはない。しかし、多くの市民が問題だと考えるのであれば、作家と相談して善後策を探りたい」としている。
(翻訳・編集/AA)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=87660
http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=20140506-0065653.JPG

imgout12658.jpg