insurance-1991277_640
(イメージです。)
1:2017/01/20(金) 12:35:47.81 ID:
間もなく中国の春節(旧正月)だが、韓国の観光業界は不安をつのらせている。18日付ハンギョレ新聞によると、中国は今年韓国行きのチャーター便を認めず、訪韓旅行の規制を実施している。

韓国の業界内では、中国人客が今年、前年比20%ほど減少すると見積もられている。
これはTHAADの韓国配備に対する報復措置と見なされている。

韓国の観光業界の関係者は「団体旅行商品は連休中、チャーター便により売ることが出来る。チャーター便が認められなければ、売上が大幅に減少する。

中国政府はTHAADに直接報復しておらず、低価格の旅行商品の質を口実に、自国の旅行会社に圧力をかけている。中国の旅行会社に依存する韓国の旅行会社は、どうすることもできなくなっている」と話す。

訪韓中国人客は2010年より増加を続け、2013年より日本を上回るようになった。2015年には中東呼吸器症候群が発生し、観光客数が大幅に減少したが、2016年より急増を示している。

韓国がTHAAD配備を決定すると、中国は対抗策を講じ始めた。韓流ドラマの中国輸出が滞り、化粧品メーカーの株価が暴落し、免税店の売上も伸び悩んでいる。

韓国の旅行会社の関係者は「大型免税店は観光客を確保するため、中国の旅行会社と直接取引し、優遇している。韓国国内の旅行会社は損失を被っているが、どうすることもできず、赤字を覚悟するしかない」と述べた。
 
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2017-01/20/content_40144026.htm
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
中国、韓国製の空気清浄機にも不合格判定!THAADへの報復措置か(2017/01/20)
【中国】韓国の洋式便器も一斉に「不合格」(2017/01/18)
中国、韓国化粧品の輸入不許可!THAADで「報復」か(2017/01/10)
【中国】韓国行きチャーター便の運航不許可!韓国外交部は「動向注視」 ⇒2ch「日本も禁韓令を発令すべきだな」(2016/12/31)