韓国 街並み 経済 観光 

1
:2014/05/05(月) 07:52:48.64 ID:
 ・外国人が見た韓国の飲食店
 ・-何かにつけて「ここ早く!」呼び出し
 ・礼儀正しいはずの韓国人が飲食店では急変
 ・料理代の元を取っているだけ…「お客様は王様」に異議あり
 ・-食後のドタバタはもっと衝撃的
 ・外交官らエリートでも紙コップを灰皿代わり、酔客なぜ多い?

 韓国で暮らして今年で7年半になるという米国人ジェイソン・ストラーダさん(35)は初めて飲食店に行った時の印象を「うるさすぎ」と言った。
 イギリスのBBC放送などに寄稿するフリージャーナリストのストラーダさん。「店の客たちは、静かに食事をしているほかの客に対して全く配慮がないように見えた」という。韓国語は敬語と、敬語を入れないぞんざいな言葉を相手や状況によって使い分ける言語だが、それが分かるようになった時、彼の目に映った韓国の飲食店の風景はあらためてショッキングだった。「韓国人は店員たちに非常に横柄で無礼な振る舞いをすることに気付いた」からだ。

 外国人の目に映る韓国の飲食店の様子はどんなものなのだろうか。本紙取材チームは、外国人特派員・留学生・駐在員のうち韓国語でコミュニケーションが取れる人々に「韓国の飲食店で経験した最もショッキングな瞬間」を尋ねた。韓国語における敬語の使い分け概念が分かっている彼らがまず挙げたのは「客が店員に対し平気で横柄な言葉を使うこと」だった。

 2010年から延世大学国際大学院で学んでいるオランダ人女性ポイティング・ラムさん(24)も同じ考えだ。「韓国ではよく知らない間柄なら自分より若い人に対しても敬語を使うと聞いたのに、なぜ飲食店ではそうしないのか。いつも礼儀正しい韓国人の友達が、店員に対しては肩をたたきながら横柄な言葉を使うのを見てがっかりした。だから『どうしてそんなに悪い言葉遣いをするの?』と尋ねた」

 韓国人は自分の国のことを「東方礼儀の国」と言って胸を張るのに、なぜ飲食店に行くとひどい言葉遣いになるのだろうか。ストラーダさんは「韓国社会の儒教的ヒエラルキー(階級意識)のせいだろう」と言った。「韓国の中年男性たちは『自分は命令する人』『自分はいい会社に勤めている人』『あんたはただの食堂のおばちゃん』と区別しているようだ。飲食店の店員だけでなく、サービス業に携わる人々に対してはすべて、そのように接している気がする。
 飛行機でもタクシーでも同じだ。韓国の飲食店の若い店員たちはよく考えもしないで『できません』と繰り返し、首を横に振るが、おばちゃんたちのサービスは最高(great and professional)だ。韓国に住んでいる間、一度も食堂のおばちゃんたちともめたことはない。ああいうベテラン店員たちに対して客がぶしつけな口を利くのは、客の自分たちの方が優れているという優越感のせい」と言った。

>>2以降へ続く)

チョン・ギョンファ記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2014/05/05 06:47
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/05/2014050500104.html