2c3025867d67cc9e22aa658f0a009bb3_s1
(イメージです。)
1:2017/01/19(木) 07:38:37.75 ID:
米国ドナルド・トランプ行政府の発足により、韓米自由貿易協定(FTA)の再協議やウォンに対する為替レート切り上げの圧迫が現実化しつつある中、韓国輸出に大きな打撃となることが予想されている。金融研究院のイム・ヒョンソク銀行・保険研究室長は17日、ソウル銀行会館で開かれた記者懇談会でこのように明らかにした。

イム室長は「韓米FTA再協議および廃止が推進されれば、輸出の減少が懸念される」としながら「韓米FTA再協議のような極端な措置でなくとも、反ダンピングや相殺関税のような措置が取られる可能性がある」と述べた。

続いて「トランプ新政府が韓国に対して直・間接的に為替レート切り上げの圧力を加える場合、輸出の減少が懸念される」としながら「ドル安が進めば韓国輸出品の価格競争力が低下し、輸出が打撃を受ける」と指摘した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000002-cnippou-kr
中央日報日本語版 1/19(木) 7:00配信