(動画からです。)
1:2017/01/19(木) 06:35:07.81 ID:
 【ソウル時事】
 
 韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告の国政介入事件で、ソウル中央地裁は19日、特別検察官チームによるサムスングループの事実上のトップ、サムスン電子の李在鎔副会長(48)に対する贈賄や横領、偽証容疑の逮捕状の請求を棄却した。これにより、韓国最大財閥トップの逮捕は回避された。ただ、同チームは在宅起訴を検討するとみられ、不透明な経営実態への批判は収まりそうにない。
 
 逮捕状の可否を審査した判事は「現段階で逮捕の事由や必要性を認定するのは難しい」と発表。理由として「賄賂犯罪の要件となる対価関係、不正な請託などに対する現在までの証明の程度や、各種支援経緯に関する具体的事実関係とその法律的評価をめぐり争いの余地がある」と指摘した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011900054&g=int
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】サムスン電子、事実上のトップの逮捕状請求でパニック状態に! 韓国ネット「企業というより帝国」(2017/01/18)
【韓国・特別検察官】サムスントップの逮捕状を請求! ⇒2ch「ワクワクが止まらないww」(2017/01/16)
 
=管理人補足=

google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-01-19 09:53です。

サムスン「在宅幸い」...大々的刷新予告/ YTN(Yes!Top News)
2017/01/18に公開
 
[アンカー]
イ・ジェヨン副会長の拘束令状が棄却されると、サムスングループは、大きく安堵する雰囲気です。
サムスンは、非拘束状態で真実を隠すことができようになってよかったと明らかにした。
今後在宅起訴される可能性が大きいほど、正式裁判に集中しながら、大々的な刷新作業に乗り出すことになります。

取材記者接続します。ギムビョンヨン記者!
サムスンは、本当に長い夜になったようだ。今サムスンの雰囲気はどうですか。

[記者]
私出ているここは「サムスンの心臓部」と呼ばれるサムスン瑞草社屋です。

グループ総数が最初に拘束されることが懸念サムスン瑞草社屋は昨日から今日未明まで重い沈黙だけ流れたんです。
長沙79年ぶりに最大の危機を迎えることができているという懸念もありました。
しかし、イ・ジェヨン副会長の拘束令状棄却ニュースが伝えられ、今日はやや安堵する姿があちこちで検出されています。

[アンカー]
イ・ジェヨン副会長が拘置所を出て、サムスン瑞草社屋に行ったでしょう?

[記者]
今日の夜明け6時50分ごろ拘置所を出たイ・ジェヨン副会長は、すぐにここに瑞草社屋に向かいましたが、
すぐにこの建物42階から未来戦略室チェ・ジソン副会長とジャンチュンギ社長など三星首脳部との会談を持ちました。
この副会長は、現在帰宅した状態であり、午後に再び出勤して、通常の業務を見ると見えます。

[アンカー]
今イ・ジェヨン副会長の歩みが注目になりますよ。
サムスン今後どのように動くのでしょうか。

[記者]
裁判所が今日の夜明けイ・ジェヨン副会長の逮捕状を棄却すると、サムスンは非拘束状態で真実を隠すことができようになってよかったと明らかにした。

サムスン関係者は、今後、捜査と裁判の過程で、サムスン物産合併に関連して対価を望んでサポートしたことがなかったという事実が明らかに明らかになるように努力すると強調しました。

しかしながら、いくつかの疑惑を受けている点については、国民に送球スロプダゴました。

しかし、サムスンは緊張の紐は離さずにいますよ。

サムスンは、イ・ジェヨン副会長をはじめ、いくつかの首脳部が在宅起訴される可能性が高いだけに、今後特検捜査と正式裁判に本格的に備えることに見えます。
同時に大々的かつ総合的な刷新作業にも乗り出すように見えるんです。

チェスンシルゲートに失墜したイメージを回復し、グローバル競争力を引き上げることが最優先課題となる見込みです。
 
また、無期限延期された役員人事と組織改編が旧正月連休の後に行われ、系列会社の業務計画など新事業推進も再開すると思われます。

特に国会聴聞会で約束した未来戦略室の解体問題が急流に乗る可能性が大きいほど、イ・ジェヨン副会長の構想とサムスンの対応が関心が集まっています。

今まで瑞草サムスン社屋でYTNギムビョンヨン[kimby1020@ytn.co.kr]です。