flowers-164028_640
(イメージです。)
1:2017/01/18(水) 16:21:57.23 ID:
日本軍『慰安婦』被害者のパク・チャスンさんが18日、中国・湖北省・孝感市の自宅で死去した。享年94歳。

女性家族部によれば、パクさんは一昨年から脊椎狭窄症と結腸炎、脳梗塞を患っていて、最近
症状が悪化してこの日の午前7時30分頃(現地時間)死亡した。

1923年に全北(チョンブク)で生まれたパクさんは、1942年頃に中国内の日本軍占領地域に連行され、解放前まで南京や漢口、武昌の日本軍慰安所で慰安婦生活をした。

故人は解放後に慰安所から逃げ出したが故郷に帰る事ができず、中国で養女を育てながら暮らしたと女性家族部は伝えた。

女性家族部は現地にいる遺族に弔電を送り、葬礼費用を支援する計画である。

パクさんの死去により、政府に登録された慰安婦被害者239人のうち生存者は39人となった。一昨年12月28日の韓日政府の慰安婦合意以降、亡くなった被害者はパクさんで8人目。

ソース:NAVER/ソウル=聯合ニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=001&aid=0008968927