korea-653006_640
(イメージです。)
1:2017/01/17(火) 12:32:02.96 ID:
 韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像を巡り、現場の道路を管轄する釜山市東区の朴三碩区長は17日、像を「永久的に保存・管理する手だてが必要だ」と述べ、設置した市民団体と協議する意向を表明した。聯合ニュースが報じた。

 東区は昨年12月28日、団体が像を設置しようとした際、「不法設置物」として撤去したが、抗議が相次ぎ同30日に一転して設置を認めた。朴氏は保存・管理の方法として現場の防犯カメラの設置を例に挙げた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.sankei.com/world/news/170117/wor1701170020-n1.html