22448
(イメージです。)
1:2017/01/16(月) 10:33:09.77 ID:
釜山の日本総領事館前の慰安婦少女像撤去・復旧事態をきっかけに少女像設置運動が全国的に広がっている。今年末には韓国国内だけで少女像設置場所が70カ所を超えると予想される。ソウル江北(カンブク)・銅雀区(トンジャクク)では推進委員会が設立され、少女像の設置が進められている。全羅南道麗水(ヨス)と江原道春川(チュンチョン)では募金運動が進行中だ。京畿道議会は道民の募金運動を通じて独島(ドクト、日本名・竹島)に少女像を設置すると10日、明らかにした。

平和碑または正義碑と呼ばれるものまで含めると、国内少女像は計55件にのぼる。2011年12月にソウル鍾路区の日本大使館前に設置された少女像が始まりだ。韓服を着た短い髪の少女像は設置初期に平和碑と呼ばれる「平和の少女像」という名前を得ることになった。碑石でなく芸術作品に分類すれば法的な問題を避けることができるという理由でだ。2015年に慰安婦被害者問題が韓日関係の争点に浮上し、少女像に対する国民的な関心が高まった。2015年の一年間、大田(テジョン)ボラメ公園など24カ所に少女像が設置され、昨年も少女像20件が新たに誕生した。

釜山の日本総領事館前の少女像事態はこうした流れに火をつけた。昨年12月28日に少女像を撤去した釜山東区庁は世論の非難を浴びた。パク・サムソク東区長には「日本政府の手先になった」という抗議の電話が続いた。すると区長は少女像の設置を事実上許可した。これをきっかけに「票」を考えて少女像を許可する地方自治体が次々と登場している。忠清南道舒川郡(ソチョング)平和の少女像建立推進委員会は今月17日、少女像の除幕式を開く。舒川郡庁は少女像設置に反対したが、釜山事態をきっかけに賛成に転じた。自治体の反対で進行していなかった大邱でも今年3月に少女像が設置される見込みだ。全国に存在する少女像を地図に作成する作業もネットユーザーの間で進められている。写真家のイ・フェジンさんは少女像の写真と地図が入った『ナビジャリ(=蝶の位置)』を今年初めに出した。『ナビジャリ』は無償で配布される。イさんは「少女像は設置場所によって材料と表情がそれぞれ違う」とし「少女像が急増し、正確な位置を知りたいという人たちが増え、インターネットの後援を通じて制作することになった」と述べた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000010-cnippou-kr
中央日報日本語版 1/16(月) 10:12配信